タイトルと裏腹に、猫の出番が少ない気がします(´・ω・`)

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

こんな本があるよーという紹介も含めて。

 

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

4巻(父、ついに座敷おやじになる。

5巻(座敷おやじ、犬と通じ合う!

に引き続き、ポチポチ読んでいます『まめねこ6 ―タヌキ寝入りの術

 

今回はサブタイトル通り、そして

表紙絵を見ていただければ、お分かりいただけると思いますが

タヌキが突然、あらわれます。

 

 

このシリーズを読んでいて、常々思うんですが

どこの田舎なの?

 

 

前回はカブトムシが突然、豆之介の鼻に飛んでくるし

今回は縁側に、突然、タヌキがあらわれるし

(たぶん)夫婦であらわれて

メガネことお兄ちゃんにエサもらってるし。

 

 

今回の個人的、面白シーンは

獅子舞が来た時の豆之介の表情の変化。

小さい子供みたいな反応で、めちゃカワイイですね。

 

 

そして、座敷おやじの双子の兄弟(そっくり)と

「待て」「お手」「伏せ」が出来るゲオルグ(犬)との出会い。

豆之介が唯一できる技は「サンポ」

「サンポ」と言われたら、散歩セットを持って、座敷おやじの前に来る。

その健気な姿がまたカワイイ。

 

 

最後、どうにか「お手」と「伏せ(なんか違う)」を習得した豆之介と

豆之介に教えてもらったサンダル4枚おろしを習得したゲオルグ

男の友情ならぬ、犬の友情が微笑ましいなと思ってしまった

アラサーでした。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。