あなたのさがしもの見つかりますよ。

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

 

 

こんな本があるよーという紹介も含めて。

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

一度、作家さんにハマると、その方の作品をポチポチ読んでしまう癖がある。

特にマンガは人気とか、実写化とかではなくて

単純に、ただ純粋に、その人の絵が好きだから、という理由で

読むことが多いから、なおさら。

絵は好きでも、ストーリーが面白くない人もいるけど

その作品が自分に合わなかっただけのこともあるから、仕方ない。

 

先日、同じく読書感想文を書いた穂積さんの作品を読んでみる。

式の前日 』(一生独り身かもしれないけど、家族っていいなって思った。

さよならソルシエ 1 (』『さよならソルシエ 2』(ボクたちはきっとゴッホのことを知らない。

 

穂積さんの作品は、なんとなく物悲しくて、そこかしこに伏線が張られている気がする。

そんでもって、なんかグッとくる名言みたいなものが出てくる気がする。

ボクが幼いからかもしれないけど。

ボクの人生が年月に比べて、浅くて、薄くて、平べったいからかもしれないけど。

 

「死生命有り 富貴天に在り」

生きることにも死ぬことにも特別な意味などない

全てに意味を付けたがるのは人間の愚かな性です

強欲で 傲慢で 脆弱な人間の 愛しい性です

 

大事なものはいつだってそばにある

 

後悔のない人生など誰も送れない

 

さがし物が見つかれば この宿を出ていく。

そして見つからなかった者は見つかるまでさがすだけですよ。

 

 

読み進めるうちに、ここは死んだ人が、なくした何かを探す場所だと気付く。

見つかれば、成仏できる。

最後に、最期に、自分の人生はこれで良かったのだと思える思い出を見つけて。

 

 

ボクも、そんな風にいつか思いながら、死ねるように生きたいな、と。

どうせいつか死ぬのは明白で、それが今日なのか何十年後なのか分からないけれど

ここで、くすぶってる人生じゃ学生時代の思い出に溺れて死ぬことになる。

 

そんな死に方は、ちょっとダサい気がする。

最期くらいカッコつけたいよね、バカげた発想かもしれないけど。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。