アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

こんな本があるよーという紹介も含めて。

 

 

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

4年前に出版された作品で

何度か本屋さんや雑貨屋さんで見ていたし

テレビでも話題になっていたのは知っていた。

 

 

読もうと思いながら、ふと見かけた作品に手を伸ばすのが

ボクの悪い癖で

そして、話題作には触れない、あまのじゃくだから

ようやく思い出して、読み始めた。

 

 

表題の作品は有名すぎるほど有名で

結婚前夜に過ごす姉と弟の話が

弟目線で、書いてあるんだけど

(最後まで、二人の関係が明言されないのが素敵)

この作品自体は短編集が詰め込まれていて

 

 

「式の前日」は、そこで終わっているかのように見えるけど

最後に載っている「それから」という表題の作品で

今度は、猫を飼い始めた弟の様子が

猫目線で書いてあって、すごく素敵なオチがついてる。

 

 

 

『10月の箱庭』という作品が

ボクには一番、合っている気がしました。

ボクは人付き合いが苦手なので

きっと一人で生きていく気がするんですが

やっぱり一人は寂しいのかもしれない。

 

 

誰かに愛されようとしなくてもいい

まずはあんたが誰かを愛せばいい

 

孤独な者の最期の一言。

 

 

どこかで聞いた話なんですが

人間ってのは孤独が好きな人でも

本当は、孤独は好きじゃないそうですね。

 

 

ボクは今、本当の孤独じゃないので

一人は好きだけど、孤独は分からない。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。