どうも今日も元気にぼっち生活、プロのぼっちこと日下部です。

春が訪れ、スキーシーズンも終わりを迎えようとしているウィスラーから、こんばんは。

日本でぼっちだった人間が、ワーホリしたらぼっちじゃなくなるなんてことはありません。

当たり前のことですが、勘違いすると困るので書いておきます。

まぁ海外に来て、日本での自分を勢いよく捨てて、みんなと積極的に絡んでいくのなら、話は別ですが。

そんなこと簡単にできるかと言えば、まぁ日本人には難しいです。

大体、社交的な人だって、英語が出来ないことを理由に、日本食レストランで働いてるんですからね。

日本人の友達ばっかり作って、ワーホリ楽しんできましたーって。

そんなもん日本でやりなさいよ、マジで。

 

 

と偉そうに、英語環境で働いたところで、ぼっちすぎるバカが申しておりますが、本題に入りましょう。

 

 

1.日本食レストランもしくは日本人のいる環境で働く

 

ボクは運よく日本食レストランで働いてはいませんが、語学学校で一緒だった子は大体、日本食レストランで働いてます。

正直、楽だとは思います。

英語が出来ないけど、せっかくのワーホリだから働きたい。

日本食レストランはネイティブから人気だし、日本と違ってチップがあるので結構、稼げるんですよね。

そして、大体の日本食レストランの募集には、こんな言葉が書いてあるんですよね。

”キッチンは日本人ばかりだけど、サーバーはネイティブなので、英語も話せるようになります”

これねボク嘘だと思います。

以前、同僚と日本食レストランに行ったことがあるんですが、仕事が遅くなったので閉店間際に行ったんですよね。

そしたら、キッチンは日本人が集まって日本語でずっと話しているし、ホールではネイティブが楽しそうに話していました。

そりゃ拙い英語であっても、積極的に話しかければネイティブも答えてくれるでしょうけど、それが出来なきゃ交わることなんてないでしょ。

 

 

そして僕は前職も現職も、日本人のいる環境でハウスキーパーとして働いているのですが、これマジでダメ。

結局、日本人同士で、日本人の常識に当てはまらない人間を日本語で批判する事態が起きてますから。

英語を使うように心掛けようって、お互いに誓ったところで、次の瞬間には日本語で話してますからね。

意味ないんですよね。

あと、現職に関してはボクが極端に英語が出来なくて、相手が英語ができるので、ボクには彼女から連絡事項がくる。

上司も同僚もボクが英語を理解できないのが分かってるから、日本人同士で上手くやってくれとね。

マジ意味ねえ!

ということで、ボクは英語を聞くため、簡単な会話だけでもするために、レストランでも働いています。

ディッシュウォッシャーなので、話す機会はあまりないですが、時間があると声をかけてくれるので、楽しくやっております。

あと、ハウスキーパーの仕事も、仕事後に共有スペースに居座ることにより英会話の聞き流しをしている状態です。

仕事が日本語環境なら、仕事以外で英語を吸収する時間をとった方がいいですよね。

 

2.英語力が低いことに後ろめたさを感じて、消極的になる

 

僕の場合は、英語力が低いのもありますが、人見知りすぎる性格が災いして、かなり消極的。

というか、いまだに同僚とも上司とも目を合わせるだけで緊張する時があるくらいです。

それに加えて、自分が英語を話せないのは分かってるので、かなり無口です。

ほとんど話すことがないです。

ワーホリに来た意味がないくらいコミュニケーションを周りと取っていません。

それでも性格上、細かいことに気づくので、誰も気づいてない重要なことに気づいた時は話します。

仕事上、ミスが直接お客さんの苦情(コンプライアンス)につながることもあるので。。。

そうすると、みんな真剣に理解しようとしてくれるんですよね。

ボクの拙い英語をどうにか聞き取ろうとしてくれる。

注目されると更に緊張してしまって、顔も赤面して声も小さくなっていると思うけど、それでも聞いてくれる。

仕事の話だけではなく雑談であっても、あまり話さないボクが隙を見つけて話すと真剣に聞いてくれる。

それはレストランの仕事でも一緒で、ボクと雑談しようとしたときボクが分かっていなかったら、分かりやすく言い換えてくれる。

ボクの英語が分かりづらかったら、確認をしてくれる。

それが仕事だからというのは分かっているけれど、英語が苦手だからと言って敬遠していたら、一向に話せないままなんですよね。

あと、これは英語を話せなくても、緊張してしまって言葉が出なくても、気を付けてほしいんですが……

 

とりあえず同僚や友人、上司に会ったら、目を合わせて、微笑んでください。

 

ボクは笑うのが苦手で、というか感情や表情が乏しくて、基本的に真顔なので、印象がめちゃくちゃ悪いです。

それだけではなく、ボクがみんなのことを嫌いだと勘違いされています。

まぁ嫌いじゃないと言えば嘘になるんですが、無意識に嫌われる行為をとらない方がいいとは思います。

それは日本でも海外でも一緒。

特に、ボクはカナダ人は結構、日本人に近い人が多いなと思います。

あまり本音を言わなくて、多少のミスは「大丈夫、よくやってる」という割に、突然クビにされたり(´・ω・`)

先読みをして、相手の迷惑にならないように行動したり。

まぁ気を遣わないのに、自分が不快だと怒ってくるような幼稚な人もいますよ……それは日本人も一緒ですよね?

 

 

ボクのワーホリも残り約4ヶ月。

今、働いている場所での人間関係構築は失敗したけど、最近は少し改善されてきています。

3週間後くらいには他の場所に行く予定ですが、この2つを自分自身も守ってワーホリを楽しもうと思います。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。