カナダ最大のスキーリゾート地ウィスラーから、こんにちは。

こちらは既に21時を回っています。

とはいえ、日本との時差はマイナス17時間なので、前日の9日ですが。

と書くと、帰国する時のことが怖いです。

東京(もしくは大阪)ーバンクーバー間が10時間で、時差が17時間。

つまり、27時間も損した気分になるんですよね(´・ω・`)

あくまで、これは直通便の場合の話で、乗継にしたら……って考えただけで怖くなってきました。

 

 

そろそろウィスラーに来て、2ヶ月ちょっとが経ったので、次の仕事を探し中。

カナダに来て、最初の1ヶ月はバンクーバーでホームステイしながら、語学学校に通ってました。

次にどこに行くかなーって思ったとき、夏のロッキーマウンテンに行きたくて、必死で仕事を探しました。

ウィスラーに来るときは、ビクトリアという綺麗な場所と悩んだのですが、スキーに挑戦したくて、ウィスラーに。

次は……どこに行きたいのか全く定まってない。

ボクが行きたいと思えば、どこにだって行けるのは分かっている。

仕事があるとか、ないとか、そういう悩みはあるけれど、それ以外は自由だ。

これまでの半年少し程カナダの西側をふらふらしていたので、スパッと東側に行くか……。

ちなみに東側というと、カナダ最大の都市トロントだとか、フランス語圏のモントリオールがあります。

もちろん西と東だけでなく、北と南もあって、ボクは南西部は結構、楽しんだけど、他は全然ですね。

 

 

今更ながら、カナダの広大さを痛感する。

 

 

ワーキングホリデーは1年という限られた時間しかなくて、それなのに大体の日本人は1年を同じ年で過ごす人が多い。

もちろんワーキングホリデービザから観光ビザに切り替えて、主要都市を観光する人も多いわけだけど。

ボクは飽き性なので、バンクーバー1ヶ月、ロッキーマウンテン3ヶ月、ウィスラーもたぶん3ヶ月で移動する。

日本にいた時は30年以上も実家に住んでいて、広島からほとんど出たことがありませんでした。

でも、それが不快とかではなくて、ボクにとって一番住みやすい都市だと思ってました。

 

 

でも……カナダに来て、それが勘違いだと気付きました。

 

 

今でも広島は好きです。

でも、カナダの方が住みやすいような気がしています。

確かに英語は話せないけれど、それでも気候、雰囲気、住んでいる人がボクは好きです。

 

 

 

日本人は例えば義務教育だとか、終身雇用だとか、長い間、同じ場所に停滞することがいいとされています。

終身雇用に関しては、まぁ少しずつ変わってきているのは確かです。

それがいいことなのか悪いことなのかは分からないけれど。

でも、同じ場所にいると、何もかも止まってしまうような気がボクはしています。

すべてがルーチンになってしまって、思考が停止してしまう。

毎日、同じ時間に同じことをするだけで、人間性すらどこかに消えてしまいそうで怖い。

 

 

もう日本では働けないだろうな。

少なくとも、会社に就職して……っていうのは無理だと思っています。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。