英語のツイートをすると、日本語のツイートよりも見てくださる方が多いです。

それは日本語ユーザーよりも英語ユーザーのほうが圧倒的に多いから。

でもね、世界には日本が好きな外国人がたくさんいるのもボクは知っている。

 

最近、始めたホステルでのハウスキーパーの仕事。

同じ日に働き始めた24歳の男性がベルギー出身の気さくな方なんです。

ちなみに、日本語ではベルギーですが、英語で発音するとベルジムに聞こえるので、ボクには理解できなかった。

「え?どこ?」(英語で「……Where?」って言ったw)って聞いたのに、「フランスの近くだよー」と教えてくれました。

ベルギーって、フランスとドイツに挟まれてるんだね、初めて知ったよ(*’ω’*)

それにしても、みんな親切すぎる!

周りに影響されて、ボクも親切になってるのか……?

まだまだ自分勝手な部分が多い気もしますね、というか自分勝手で利己主義だなぁ。

そんな彼に「日本出身だよ」と言ったら、「5年前に行ったよ、東京。人が多くて、ビックリした」と言われました。

そんで「どこ出身なの?」って言われたんで「広島だよ」って言ったら「そうなんだー」って。

きっと知らなかったんだね。

あと、海の近くで大きな仏陀を見た、と言っていたので、たぶん鎌倉に行ったんじゃないかと推測。

広島は知ってる人は「Atomic bomb(原爆)」ってすぐに言うけど、知らない人は知らないんだよねー。

これは広島出身のボクからすると、少し意外です。

そろそろ広島は牡蠣のおいしい季節じゃないでしょうか……酒処もあるので、いい季節ですね、少し恋しい。

 

 

 

日本でのホステルの知名度って低いですけど、小学校で泊まった野外活動センターとかが、その類かと。

もしかして、これ広島ローカルかもしれませんが……そんなことはないと願いたい。

基本的に一部屋に2段ベットが2台あって、知らない人と同室で寝る。

風呂トイレ洗面所は同室の人もしくはフロアで共同、キッチンはゲスト全員で共有の大きなもの。

そんな感じです。

日本でも全国各地に存在しているんですが、カナダも色んな場所に存在しているみたい。

で、たまにボランティアで働いている人がいます。

ボクの両親もユースホステル部で社会人、短大生で出会って結婚したので、なんだか縁があるような気がしないでもない。

ちなみに妹も大学時代のサークルで、野外活動センターでボランティアしてました。

それを考えると、ボクが働いたことにより我が家はみんなホステルと縁があることになりますね(笑)

という内輪ネタは、これまでにして。

 

 

 

ワーホリで来て、最初に働いたのがホテルで、とても快適な部屋で過ごせました。

元々ホテルの客室だった場所に寝泊まりしてたわけですからね。

そのあとがホステルだから、普通の人はランクが下がって嫌だなって思うかもしれません。

ちなみに時給も15ドルから12ドルに減ったし、ランチも出ないし、洗濯は有料になりました。

シャワールームしかないから、お風呂に入れないし、自分のスペースは2段ベッドの上だけ。

でも、ボクはホステルに来てよかったなって思います。

今も共有スペースのデスクでブログを書いてるんですが、色んな人に会えるんです。

英語を聞けるってのは最高の環境だなって思いますし、他の言語で話している人もたくさんいます。

あと、アジア人はほとんど見かけないので、ちょっと珍しそうな顔で見られます。

見かけたのは中国人の若い男性と、たぶん日本人の中年の方。

ウィンタースポーツを楽しみに来ていらっしゃるんだろうな、ボクも挑戦したい。

 

 

 

 

あと、ボクは人が多いところが苦手なのですが、ウィスラーの中心地からバスで30分ほど離れてるので、快適。

それと何の因果か何も考えずに場所を選んでいるはずなのに、線路と川が近い場所に住んでしまう。

(ちなみに、実家のすぐそばを線路が走っていて、徒歩5分ほどのところに川が流れています)

今、住んでいる場所は線路が近いと思わなかったんですが、夜中に電車と踏切の音が聞こえたので。

今日、休みだったので、散歩してみたら、歩いて10分くらいの所に踏切がありました。

 

 

近くにオシャレなパン屋さんがあったので、珍しく散財してしまいました。

調べてみたら、カナダに来てすぐ通っていた語学学校の近くにも同じお店のチェーンがあったみたい。

友人と入ろうかどうか悩んでやめた記憶があったので、ラッキーでした。

 

 

色んな人に出会いたいのならば、ホステルは本当にオススメです。

ハウスキーパーの仕事もホテルと比べると、いい意味で雑というか適当ですし。

ボクは適当人間なので、ホテルの真面目な感じよりも今のほうが楽で、好きです。

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。