久しぶりに、声優さんのことを話題にします。

なんでかっていうと、彼女が亡くなってから、声優さんのことは忘れようとしたから。

松来さんが出演されているアニメが好きだったから。

ひだまりスケッチ 』で彼女に出会って、『たまゆら~もあぐれっしぶ~』で彼女と別れた。

 

ボクは彼女に会ったことはない。

だから、彼女の記憶にはボクは微塵も存在しない。

ただボクの記憶の中には、彼女の声が、キャラクターが、ただ存在している。

 

 

亡くなったというのをボクが知ったのは、2015年11月2日の仕事終わり、20時過ぎだった。

入院していた彼女が戻ってくると信じていたボクは、何も考えられなくなった。

職場から自宅に帰って、夕食を食べようとしても、何も喉を通らなかった。

次の日は祝日で、それだけがボクにとっては救いだった。

次の日、ボクはもう一度、松来さんのブログを確認して、ため息をついた。

起きられなかった。

体が全く言うことをきかなかったのだ。

悲しいのか、苦しいのか、よく分からない感情が入り乱れて、涙が溢れ出て止まらなかった。

 

 

 

 

そして、ボクは声優さんを応援するのも、アニソンを聴くのもやめてしまった。

どうしても涙があふれてしまうからだ。

2年経って、ようやく落ち着いたような気がしないでもない。

だから毎月、月命日に彼女を想っているファンの人は素晴らしいなと思う。

ボクは彼女を忘れようとしていたのだから、自分の心が壊れないように。

 

 

それで今なぜだろうか、ボクはカナダにいる。

これがボクのやりたかったことなのか分からないけれど。

ボクが今、何をやりたいのか分からないけれど。

 

 

 

もし彼女が生きていたら、今年40歳で、まだ結婚していなくて、いじられていたかもしれない。

もしかしたら、素敵な男性と出会って、結婚していたかもしれない。

そんな彼女の姿を想像するだけで、とても微笑ましい。

いつだって真面目で、いつだって優しくて、いつも笑っていた彼女をボクは好きだった。

彼女が28歳、ボクが18歳の大学1年生のとき、初めて『スケッチスイッチ』を聴いた。

そのアップテンポな曲調と、不思議な歌詞に魅かれていた。

 

 

あ、彼女はこの曲 歌ってないんですけどね。

 

 

そこから、俗にいうアニオタという存在になって、10年間ただ彼女を見ていた。

今も、この記事を書きながら、彼女を思い出しては泣いている。

 

亡くなったからといって、彼女に対するボクの気持ちは消えはしない。

ただ自分が傷つかないように、蓋をしただけだった。

 

 

彼女の遺作である『たまゆら~もあぐれっしぶ~』は彼女とボクの地元である広島が舞台だった。

今まで聖地巡礼なんてしたこともなかったけど、なんとなく行ってみた。

舞台となった竹原市はとても いい場所だった。

彼女が演じていた広島風お好み焼き屋さんの店主が働いている お好み焼き屋さんにも行った。

店中にサインが貼ってあって、他のお客さんに頭を下げながら、写真を撮りまくったのを覚えている。

 

 

 

 

バカなのかもしれないけど、ボクはまだ彼女が亡くなったことを信じていない。

彼女はきっと、どこかの誰かと結婚して、声優という道を歩かなくなっただけだと思っている。

 

 

どこかで幸せに生きていると……そう願っている。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。