今日、ボクはとあるブログサロンを退会した。

今まで、いくつかのサロンに参加したけれど

一番、長い期間、参加したサロンだったと思う。

 

ボクは馬鹿だから、サロンに入れば

ボクのブログも稼げるようになるんじゃないかと思っていた。

でも、そんなのは間違いで

サロンに入ろうが入るまいが

稼げるブログは稼げるし

稼ぐ努力をすれば、稼げるようになるし

ある程度の収入をブログから得ることは

可能だということで

 

サロンの最大のメリットは

何か悩んだときに

一緒に悩んでくれる仲間みたいな存在が

なんとなく、そこに存在しているということで

ボクのつまらないブログでも

サロンの仲間だということで

更新したよ~と言えば見てくれる人がいて

それで、PVが少し増えたところで

そんなのはサロンの恩恵で会って

 

 

ボクの記事が面白いからではない。

 

 

 

サロンに入って分かったことは

誰かに見てもらえるブログというのは

ある程度の法則があって

ボクのブログはその法則に当てはまってなくて

その法則に当てはまるようなブログを書くのは

ボクにとっては苦痛でしかないということであった。

 

 

 

ボクが最初にブログを書き始めたのは

かれこれ10年前

大学一年生のときだったけど

その時は文章を書くことがストレス発散で

ブログを書くことが趣味だといっても過言ではなかったし

 

 

誰にも媚びない

というスタンスに魅力があって

悲壮感の漂う中に、何かほっこりしたものが残る

という驚くほどの高評価をもらっていたブログだった。

 

 

最近のボクは

ブログを書くことが仕事か何かになっていて

あの頃のような

ボクの日常を集約した文章ではなく

誰かに読んでもらうために

必死に生きているような

生き急いでいるような

そんな記事ばかりを書くようになってしまった。

 

 

媚びているのだ。

 

 

そんな気持ちはきっと読む側にも届くんだと思う。

 

 

アラサーが10代や大学生のように

生きづらさを語ったところで

そんなのは気持ち悪い甘えなんだから

悲壮感も何もない。

気持ち悪いだけだ。

 

 

 

ボクがブログを金儲けの場所と考えた時点で

ゴミの掃きだめみたいな場所になったわけで

そんな文章が面白いわけもないのである。

 

 

ボクの人生が面白くないし

某が生きることを微塵も楽しんでいないのだから。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。