自分のためだけに生きてたら、いつまで経っても幸せになれないよ。

投稿者: mameblack 投稿日:


ボクは自己中心的な人間で、今の仕事を始めたのも

IT技術を早急に身に着けて、北米や北欧もしくはニュージーランドに移住したかったからです。

それなのに、ここ1週間で先輩のために、会社のために働いてもいいかな

と可愛いお姉さん(年下)に関わったせいで思い始めています。

幸せって、こういうことなのか?

自分を肯定することと、他人を肯定すること。

精神的に余裕を持つことから始まるのかもしれませんね。

最近ようやく精神的に余裕が出てきたので、分かるようになってきました。

誰かがボクのことを嫌いかどうかなんて、それはボクの問題ではなくて

相手の問題だから、嫌われたところで、どうしようもないんですよね。

嫌われた相手の機嫌とりなんてするほど、人生は暇じゃないです。

勝手に嫌いにさせておきましょう。

感情で仕事する人だったら、めんどくさいけど。

過干渉はやめましょう。

マジで嫌われます。

好きならば、好きだからこそ、優しさを程よく渡すだけで

見返りを求めずに、遠くから見守りましょう。

隣の席に座って、悩みながら、椅子の上にあぐらかいたり、正座したり

落ち着きのない先輩を横目で見るのが、ボクは好きです。

嫌いなことはやめてしまえばいい。

ボクも前職を辞めるとき、みんなが同じ方向を向いて進んでいるけれど

ボクは進むことを苦しいと思っているので、それは会社のためにならないと辞めました。

あれから5年以上経つけれど、今でも、あの頃の仕事ってやばかったよなと思います。

新人教育しながら、自分のプロジェクト動かして、納期の迫ったプロジェクトのヘルプ入って

後輩が育たなくて、ボクより下の代は定時で帰るのに

1人だけ毎日4時間残業して、精神的につらかったなぁ。。。

それを考えると、今が幸せすぎる(*´▽`*)

今後、残業が増えたとしても、かわいいお姉さんと一緒なら……頑張れる!

会社を辞めて、海外に行ったとき、誰にも認められないと思ってました。

それでも、ボクは全部捨てたかったし、捨ててよかったと思ってます。

海外じゃ飲食店とかホテルの客室清掃員とかやってたけど

給料が日本の半分くらいだったけど、怒られることもあったけど

それでも楽しかったし、その経験は今後もボクにとって大切な思い出として残るので。

あーカナダに行きたい!!

えーと大学時代の部活動のミーティングの最後の最後に

発言を許された当時1年生だった僕が投げかけた一言で

その日のミーティングをゼロにしたことがあります。

……その場の空気と言ったら、ね。

夏の雨でムシムシした空気が一変、真冬のように寒くなったんですから。

まぁそのあとミーティングで意見をよく求められるようになりました、という自慢です。

ほめられた時だけ、ほめられたことだけ、価値があると思ってしまう。

だからボクは毎日、朝起きたら「今日もイケてるね、頑張ろうぜ」と自分に声を掛けます。

鏡を見ながら「今日も相変わらずイケメンだね、最強だね」と声を掛けます。

気持ち悪いですか?

それで一日、自信もって頑張れるんなら、安いもんだと思いますよ、ボクは。

人間は存在してるだけで貢献している。

仕事してようが、してなかろうが。

先輩に迷惑ばっかりかける落ちこぼれだろうが、優秀すぎる人間だろうが。

生きてるだけで、丸儲け。

生きてるだけで、貢献してる。

だから、そんなに頑張りすぎる必要ないんですよ。

ボクはかっこよく見せるために、生きてますww


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。