ボクには”嫌われる勇気”よりも”好かれる勇気”の方が必要なんだけど。

投稿者: mameblack 投稿日:


話題になった時は、嫌われえることを何とも思わないボクには

全く必要があると思わなかったので、読もうと思わなかったのですが

見かけたので、今更、読んでみたら、結構、面白かったので

まだ半分も読んでないですが、少しずつ書いていこうと思います。

ボクは150㎝くらいしかないので身長を理由に諦めたことが結構あります。

背のわりには運動神経がよかったのですが、20㎝近く背の高い同級生と走っても

そもそも足の長さが違うので、負けてしまいます。

小学生の時、地区の陸上選抜に選ばれたのですが、同級生の足の速さには追い付けず

当時はクラスの男子よりも跳躍力があったので、走り幅跳びで出場しました。

表彰こそされませんでしたが、幅跳びは得意でしたね。

高校時代は立ち幅跳びで2m跳んでましたし……下半身の筋肉が発達しすぎていますw

そのおかげか(?)34歳になった今も体を動かすのも好きだし

意外と同年代よりも体力ある……え?何の話ですか?

ボクは落ちこぼれと言っていますが、まぁ実務に入って1週間で仕事できるわけないし

仕事が思い通りに進んでいないのを、自分のせいと思うのか

それとも、誰がやっても、そんなに変わらないかもしれないと思うのか

それだけでも人生のとらえ方は変わると思います。

同じく、この本では”トラウマ”についても否定されています。

ボクは幼少期に親から虐待を受けていたし、女性からセクハラまがいのことをされていたし

そのせいで女性が苦手ですが、それも思い込みなんじゃないかと感じました。

過去は過去であり、今は今であり、未来は自分で変えれるんだし。

嫌な思い出は、捨てていった方が自分が楽に生きていけますよね。

まぁ性的暴行や壮絶ないじめにあった人に、軽々しくは言えないですけど。

過去の痛ましい経験を、ずっと引きずっていくのはつらいのではないかと。

暴飲暴食も、早寝早起きも、お調子者であることも、ボクが選んだライフスタイル。

女性が苦手なのも、人間を信用しないのも、誰とも付き合わないのも、ボクが選んだ。

別に、誰が何してようと、周りには関係ないんで、嫌なライフスタイルは捨ててしまえばいいですよ。

変化することで、本当に幸せになれるのか不安。

申し訳ないけれど、ボクは現状が幸せなので、特に問題ないとも思っています。

贅沢を言うならば、もっと能力値を上げて、先輩の負担を減らしたい。

そのためには、休日も学習するのみ。

人間としての幅を広げるために、読書するのみ。

周りを楽しませるために、色々な情報を吸収して、提供するのみ。

それが、ボクにとっての幸せになる勇気です。

こう考えると、自分がやればどうにかなるんだから、簡単だな。

結局、悩み事はすべて”人間関係の悩み”に集約されるみたいです。

だから、マジで一人暮らし始めてよかった!

と本当に思っています。

すみません。

先週、先輩たちの前で不幸自慢しました。

前職がつらかった話をしました。

もう、しません。

現在の話、未来の話をしましょう。

一緒に働けて楽しいですと伝えていきます。

その前段階としての、前職の話でした。

ちょっと先輩たちに心配させすぎてしまった感はぬぐえませんが。

何度も書いていますが同期が優秀すぎて

たまにとてつもない劣等感に襲われることもありますが

自分のペースで積み重ねていこうと思います。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。