雨はいつの間にか雪に変わっていた

投稿者: mameblack 投稿日:


新成人が成人式を迎えた頃、まだ広島にも大阪にも雪は降っていなかった。

天気には恵まれなかったけど、ボクたちは雨の中

ロープウェイに乗り込んだ。

 

 

御在所岳というところに行ってきました。

 

 

 

なんとなくオシャレなロープウェイ乗り場。

写真右手の方に売店やら何やらあるんですが

スイスのパンを売ってるところがあって

何やら雨の日は全品半額にしてくれるとかで、安く美味しいパンを買いましたとさ。

 

 

 

 

 

小雨とかいうレベルじゃないんです。

結構降っていて、せっかくの景色が見えやしない!

最悪のプランだぜ!

 

 

 

ゴンドラの中から撮ると、どうしても水滴にピントが合って

それでもなんだか幻想的な景色がボクたちを取り巻いてるような

これ、デートだったら感動しちゃうんじゃないの?

プロのぼっちによる妄想が半端ない!

 

 

 

 

ゴンドラ内は放送が流れてるんですが

妙に綺麗な女性の声すぎて、か細すぎて

雨音にかき消されて、よく聞こえないっていう壊滅的な状態。

それに加えて、聞こえたところで、バッドコンディションだから

よく分からない写真を撮っちゃうのであった。

 

 

 

 

幻想的な白い鉄塔。

いや、何が幻想的だよ! って話なんですけど。

別に、水滴にピントあってるのをごまかしてるだけなんですけど。

 

 

 

 

誰も乗っていない対向ゴンドラである。

来る時期を間違えたんじゃないのか、という感覚に襲われる。

というより、こんな雨の日にバスツアーに申し込んだ運のなさよ。

 

 

 

しかし、無情にもゴンドラは1分間隔で、こんなにも運行しているのである。

このどれか一つに、キミがいるから~である。

誰がいるというのだ……運命の相手でもいればいいのに。

プロのぼっちの妄想が溢れすぎていて、やばい。

 

 

 

 

ここまでくると、ただの鉄塔マニアみたいになってきていますが

お気づきいただけるだろうか?

さっきまでの水滴が少し、みぞれ状になっているのを。

……心霊写真風に紹介しましたが、心霊感はゼロです。

 

 

 

運がいいと、カモシカが見れるって聞いたんですけど

目を皿にして探したんですけど

運のなさが半端なさ過ぎて、生物は全く見られませんでした。

 

 

 

 

 

そろそろ飽きてきたし、ゴール地点!

 

 

 

 

かと思いきや、ここは通過点で、ここから少しばかし下るんです。

某エンターテイメント施設のアトラクションを彷彿とさせる構造に

元々機械系の仕事をしていた、メカ好きなボクはテンションが上がったんですが

ゴンドラ内の他の方は、そうでもなかったみたいです(´・ω・`)

 

 

 

さっきのとてつもない機械を超えたところから、すごい雪景色。

ゴンドラがオシャレ!

 

 

 

 

カモシカ探しを諦めきれずに、なんか岩肌の写真を撮っちゃう。

もうね、ゴンドラ長すぎて、頭おかしくなっちゃったんですけど(元から、です)

 

 

 

 

さーようやく山頂に到着しましたよ。

雨に濡れたゴンドラが、いつの間にか雪にまみれていましたが

山頂はどうなっているのか?

樹氷は、氷瀑は、ボクの目に映るのか?

 

 

次回、乞うご期待(笑)

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。