限界集落の空き家を、どうにか出来ないか考えてみる。

投稿者: mameblack 投稿日:


先日、まだ広島にいた頃

偶然、引っ張り出した新聞。

今年の元旦の中国新聞。

 

安芸太田町の那須集落という限界集落

高齢者が6人しかいないとのこと。

1454850491536.jpg

 

僕は広島を愛しすぎているので

広島の限界集落がなくなってしまうというのは

なんとなく物悲しい気もする。

 

最近、広島では、というか尾道では

こんなプロジェクトが始動していたり

漫画家さんが移住していたり

面白そうな感じになっているのですが

 

 

もっと広い目で、僕は見ていきたいなとも思う。

 

 

仕事するために、千葉に移住したんで

広島を裏切ってる感覚がないでもないんですけどw

東京に疲れた人は、まず広島に住んでみればいいんじゃないかと

僕は、以前から思っています。

楽だと思うんだけどな、あの空気。

 

 

 

……限界集落の話ね。

プロブロガーのイケダハヤト氏は高知の限界集落に住んでいる模様ですが

 

 

限界集落のレベルが違う気がするんですよね。

地域としては、まだ人数はいそうな感じ。

 

むしろ、こっちの記事のほうが面白いなと

僕は思いましたね。

イケダハヤト氏もリツイートされてますが

 

 

ただなー、限界集落にコミュニティをつくったところで

どれだけの人数が集まるかってのは問題だと思うんですよ。

 

正直、都市の生活に慣れた人って

近くに買い物ができる場所がないと、不便だと感じるだろうし

その不稔さに、打ち勝つだけの魅力っていうのを

最初に紹介した広島の限界集落が持っているかというと

 

 

難しい問題なんだよなぁ。

 

 

限られた人生を挑戦し続けて生きるか

それとも、流されたまま生きるか

圧倒的に後者の方が今の日本には多くて

そっちのほうがマイノリティで

きっと居心地もいいんだろうなぁ。

 

だから、限界集落は失われていくだけなのかな。

なんか寂しい気もする。

 


カテゴリー: 広島

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。