転がりだした石は簡単には止まれないのだ

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

 

 

こんな本があるよーという紹介も含めて。

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

 

とてつもない喪失感に襲われ

全ての仕事を一人で抱え、バタバタしたり

一人になっては、彼女のことを考えたり

 

 

ということで、3巻で突如あらわれたゴシップ記者に連絡を取って

岩松梢さん、というか春日亜沙美さんの情報を彼と共有する。

 

満を持して、本当の彼女を探す旅へ。

 

まぁ灯台下暗しだったわけですけども。

 

どうにか彼女と合流し、自宅まで送り届けることに……

 

 

 

君の言うことは嘘ばかりじゃないか!

やりたくてやってきたんだ

君の気まぐれに振り回されたり

嘘を見て見ぬふりしたりも

君との暮らしを続けたくて

いつまでも続いてほしくて

どうしても君を失いたくなくて――

 

道中のホテルにて、旦那さんの言葉。

いやー最強の告白じゃないですか(笑)

キュンキュンするじゃないですか!

 

 

そして、実家まで送り届けた瞬間に、誘拐されるしw

 

 

政治家って、政治秘書って、怖い(´・ω・`)

 

世曲折ありながら、ハッピーエンドっぽい方向になりました。

 

 

 

旦那さん、自分から告白しといて

梢さんのアタックに「魂胆」とか言う始末。

 

どんだけ鈍感なんだ( ゚Д゚)

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。