誰も見捨てたりしないよ、みんなあんたに捨てられただけ

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

 

 

こんな本があるよーという紹介も含めて。

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

タイトルは、ゆりちゃんから藤さんに向けた言葉。

なんか辛辣で、それでいて悲しくて

片想いに似た気持ちのような気がした。

 

でもあんたのことは許してない

 

それにしても、試合中に怖くて、逃げるってのは

プロレスラーでもあるんですね

……あるんですかね?

と思って、ググってみたんですが、見つかりませんでした。

 

ネタとして、逃げる。

 

みたいなのはあるみたいですね、リベンジマッチとかやるのかな?

 

藤さんは相変わらず考えなしで、臆病で

弱いのに、虚勢を張って、生きるのに必死で

あーなんだか自分みたいだなと、また思いました。

 

ボクは生きるのに必死になれてなくて、死にたいので

その点で、藤さんよりもクズなんですけどね。

ははは(笑えないw

 

今度裏切ったらもう一生許さない

 

藤さんは、5年間の沈黙を破って、戻ってきた自分は

「ごめん」の一言で、許してもらえた気持ちでいたけど

 

残された、ゆりちゃんは自分のことで悩んでいたんだと

そして、ずっと怒っていたんだと

雑誌のバックナンバーを読みながら、分かったんだなと。

 

 

きっと変わっているようで、変わらない何かが

二人の間にあって、離れても変わらなくて

そういうのって大人になると

多くの人は、なくしてしまうんだろうけど

いいなって、純粋に羨ましく思ったりして。

 

 

 

ボクに、こんな親友がいたらいいのにな。

 

 

それから

このマンガを読んで、プロレス観てみようかなって思いました。

痛々しくて、見てられないかもしれないんだけどさぁ。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。