読み進めれば進めるほど、大学生に読んでほしくて、たまらない。

投稿者: mameblack 投稿日:


ついに始まりましたね、『東京タラレバ娘

やっぱり坂口健太郎さんはイメージと違う気がするし

鈴木亮平さんは原作よりイケメンすぎるし(笑)

 

これからアラサーに希望を与える作品になるのか?

いや、ボクもアラサーなんですけどねw

 

そんな『東京タラレバ娘』の原作者である東村アキコさんが描く

大学生ライフと、漫画家になるという夢と、それから……

 

今回、読んでいて思ったんですけど、学生時代のことって誰でも後悔するし

きっと後悔しない生活なんて送れないんだなと。

 

 

人生を後悔することばかりなのに、大学生活を後悔しないわけがなくて

ボクなんかは、どうにか運で入っただけの大学で

何も努力しないままで生きていたから、2年も留年したし

それを後悔して、ボクは前に進めないままでいる。

 

 

この作品の中では、卒業しても仕事がなくても

親に、やりたくない仕事を紹介されて、辞めることが出来なくても

それでも絵を描き続けて

幼い頃からの夢だった漫画家になるために、必死で漫画を描く。

 

 

追い詰められたときこそ人間は本領を発揮できるのかもしれない。

そんなことを改めて思いました。

 

追い詰められたとき、ボクはそこから逃げるために

仕事を辞めるということしか考えられなかったけど。

それで、ブログを始めたので、まぁそういうことかもしれない。

 

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。