絵本が好きだから、絵本を書くという絵本作家さんのお話。

投稿者: mameblack 投稿日:


ボクは小さい頃めちゃくちゃ絵本が好きで

その影響で、今も本を読むのが好きなんだけど

最近は絵本を手に取ることも少なくて

よく行く図書館でも児童書コーナーで

子どもを連れてないボクがうろうろしていると

ちょっと不審者っぽい空気が出る。

 

不審者でないとは言い切れないが

純粋に最近の絵本はどんなのか気になっていたり

昔、読んでいた本を改めて読もうかと思っていたり

それだけだというのに

やっぱりボクは不審者顔のようだ。

いや、むしろ挙動不審なのかもしれない。

 

誰もボクの存在なんて気にしてないよね?

 

 

という前置きはさておき

話はガラッと変わるけれど

Facebookの芸人のニシノさんをフォローしている。

ニシノさんご本人も、とてもユニークな人だけれど

ニシノさんのタイムラインによく登場する

絵本作家さんに、のぶみ(@nobumi2010)さんという人がいて

 

この方もとてもユニークな絵本作家さんのようである。

 

前述した図書館どころか本屋ですら

なかなか絵本は手に取れないけれど

のぶみさんの書籍をゲットした!!

 

 

 

この本を読み終わった感想は

ボクも、こんな親になりたい

そして、ワークショップに参加してみたい

のぶみんさんに、お会いしたい!

 

 

 

 

残念ながら広島にはいらっしゃらないようですが

横浜、名古屋では今週末イベントがあるようです。

 

興味がある方は、どうぞー。

なんてボクが言わなくたって、行く人は行くんだろう。

(妙に卑屈なクズ野郎です)

 

 

この一冊は、親御さんにも読んでほしいけど

お子さんと一緒に読んでほしい本ですよね。

 

 

あと本編中に出てくる話とは関係ない

植物や魚、昆虫の絵が素晴らしい。

 

 

 

大好きなことを仕事にするのは難しいかもしれないけど

大好きなことを仕事にして、生きている人がいる

そういう人は驚くほど努力しているって考えると

すごいことだなと思いました。

 

 

と、小学生並みの感想文を書く

29歳無職でした。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。