突然「あなたの殺人の話、聞かせてちょうだい」と言われたら……

投稿者: mameblack 投稿日:


現実に、そんなことを何の臆面もなく、聞いてくる人などいるだろうか。

冗談でも、そんなこと簡単には口にできないだろう。

 

そして、ボクがもし聞かれたならば……どう思うのか?

小説を読みながら、そんな想像をしていた。

 

 

 

 

見た目子供向けっぽいけど、中身は大人が読んでも面白い内容でした。

 

 

あさのあつこさんの作品と言えば、高校時代

何故か不良分子だったボクと仲の良かった優等生(国立の教育学部に進学した子)が

あさのあつこさんにハマっていて『バッテリー 』を読んでいた記憶がある。

ボクは、あまのじゃくをこじらせた、スーパーあまのじゃく野郎なので

流行っている、誰かがハマっている、という作品は読まなかった。

正直、今も有名な文学賞を獲りました! なんて言葉では本を読まない。

 

 

ただ、そのタイトルに、あらすじに、少しだけ読んだプロローグに

何かしらの魅力を感じて、読み進めることが多い。

だから、この本も、あさのあつこさんの本が読みたいと思って、読んだわけじゃない。

(よく分からない、あまのじゃくアピールであるw)

 

 

 

このお話は、表紙を見たら、察しが付くかもしれませんが

ハウスキーパーさんと、訪れたおうちでの不思議なお話。

 

Team・HKという会社のメンバーが、超人気作家の家の掃除で突如、問われた

「あなたの、殺人の話、全部、聞かせてちょうだいな」

なんだか昔、近所であった失踪事件が殺人事件なんじゃないかと疑い始めた。

そんな矢先、その失踪事件のあったご近所さんにハウスキーパーとして呼ばれる。

 

 

なんだか不思議な展開と言いますか、なんと言いますか……

何やら答えの出ない推理ゲームのような釈然としない終わり方でしたが

とりあえず殺人事件ではありませんでした。

誰も殺されてない、誰も殺してない。

ただの思い出に浸るだけの、誰も傷つかないお話。

たまには、こういうのもいいんじゃないかと、アラサーになって思う。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。