父、ついに座敷おやじになる。

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

こんな本があるよーという紹介も含めて。

 

 

 

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

先日、『ぼくの名前は田楽? どんぐり?』という記事を書きましたが

ねこまきさんの絵が好きで、こちらも続々読み進めております。

 

 

やっぱ、猫はいいね。

(うさぎ飼いですが)

 

 

元々あずき、だいずというアラサー世代なら

どこかで聞いたことがあるような名前の姉弟ネコが

繰り広げる癒し系ほのぼのマンガなんですが

 

 

 

4巻から、ついに新メンバー豆之介が登場。

表紙を見たら、お分かりいただけると思いますが

自分のことを猫だと思っています。

元々猫の夫婦と暮らしていたので、仕方ないのか?

 

今までも、猫以外にニワトリ、スズメ、鳩とバラエティ豊かなメンバー

……あれ? 全部、鳥類じゃないですか?

だったのですが、今作では

更に、セミ(の抜け殻)、錦鯉、亀と

まるでムツゴロウさんを思い出すような新メンバーが……

 

 

1巻から常に存在感を消すという特技を発揮してきた父

巻末の人物紹介にて

座敷おやじ

という扱いになってしまいました(´・ω・`)

それにしても、母に見つからないように隠れる技が

どんどん進化していて、今回はまた妙なところに隠れてます。

 

 

そういえば、今回ニワ子の出番なかったけど

元気なんだろうか?

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。