流されないために、思考力を高めてみようとボクは。

投稿者: mameblack 投稿日:


今期のドラマ『嫌われる勇気』は

数年前に人気を博したアドラー心理学のお話ですね。

 

ボクは幼い頃から、嫌われるということに興味がなかったので

(というより、他人に対する興味が希薄)

嫌われる勇気』という表現には、不思議な感覚があります。

 

それはさておき、これを機にまた心理学を勉強しようかなと

ひとまず図書館で心理学コーナーを物色してきました。

 

 

そこで、全く関係ない本を借りてきました!

 

 

確実に、小中学生向けのデザインと、内容。

しかも、心理学の本を読むはずだったのに、思考力を鍛えることになりました(笑)

 

 

すいエンサーという番組は以前、一度だけ見たことがあって

確かカプチーノを上手につくるって回だったんですが

色々試行錯誤していく過程を見るのも好きだったし

(正直、一発で教えてくれる方が効率的とも考えましたが)

最終的に、綺麗なカプチーノがつくれて、楽しそうでした。

 

 

最近は、そーいうの100均で買えるみたいなんだけど←

 

 

 

 

この本の中には、8問のってるんですが

その中で気になったのは火事場の馬鹿力をいつでも発揮する方法

それから、お化け屋敷の恐怖を克服する方法。

 

1個目は、困ったときに発揮してみたいなと思ったし

2個目は、ボクは超ビビりで、角で誰かと鉢合わせただけで

自分でもわかるくらいに、体がビクッとなるので

それが少しでも改善できればいいなということで!

 

お化け屋敷も絶叫系も怖くて、チキンなので克服したいと考えてたんですが

この本を読んだら、声を出せば恐怖が落ち着くということが分かりました。

そういえば、TDLでスターツアーズというスターウォーズのアトラクションがあって

少し前まで、めちゃくちゃ怖くて、乗った後の疲労感が半端なかったんですが(笑)

妹に勧められて、一緒に叫んだら、楽しめたし、途中から笑えるくらいになりました。

(叫びすぎて、喉を傷めて、叫びながら咳が止まらなくなるという弊害もw)

 

 

そうかー。

驚いたときは、それを内に秘めるのではなくて

「ビックリした―」くらいでも声を出せばいいのか!

これで、驚いたあとで、しばらく心拍数が上がって、ドキドキする現象も解決!

 

 

超自己満足記事になってしまいましたね(´・ω・`)

 

 

 

ということで、最後に、本書に載っていた思考を鍛えるための9つの心得を書きます。

1.疑う

2.ずらす

3.つなげる

4.寄り道する

5.あさってを向く

6.広げる

7.騙されてみる

8.とんでもなく想像する

9.笑う

 

大人になると、1.疑う、ってのは得意になるんじゃないかと思います。

あと、ボクは8.とんでもなく想像する、ってのは得意です。

想像というより、妄想に近い感じではありますが(´◉◞౪◟◉)

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。