29歳、1年で死ぬと決めたら本気になれる

投稿者: mameblack 投稿日:


 

 

死ぬなら、その前に一勝負しませんか?

29歳の誕生日、一人暮らしの部屋で、コンビニのショートケーキに

ろうそくをさして、一人で誕生日を祝う。

ふと、ショートケーキのイチゴが落ち

拾って、流し台で洗っていると、涙が溢れてきてしまった。

 

「わたし、なにしてるんだろう?」

 

僕は今の今まで、一人暮らしを経験したことがなく

実家を離れた最長記録は、免許合宿の16日間。

というほど自宅に入りびたっているので

この気持ちが痛いほど分かるわけではありませんでしたが

「なにしてるんだろう?」

って思うことは、特に大学時代以降

就職してからは頻繁にあるので、なんとなく共感しました。

 

 

 

30歳の誕生日、ベガスで勝負すると決めた

だから、この一年間は、そのための資金を貯めるために

がむしゃらに働く。

日中は派遣社員で、夜はキャバクラで

休みの日は、裸婦モデルとして

ただ がむしゃらに 働く

それだけでなく、仕事を通じて、成長していく。

 

 

 

結末は書きません、書けません。

興味がある方は読んでみてください。

人生に悩んでいる人は、これ読んだら変わるかもしれません。

何が変わるのかは分かりませんが

絶望してる暇あったら、がむしゃらに生きてみようって

「死ぬまでにやりたいことリスト」つくったって

どうせ先延ばしにして、死ぬまでに出来ないんだったら

自分で人生のタイムリミットつくって

ここから、やりたいこと始めよう

って僕は思って、実践しました。

 

 

まぁ仕事を辞めて、実家を出るっていう

小さな小さなことだけど

僕にとっては結構、大きい決断です。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。