死にたくなったら、これを読め。カルト的人気を誇るベストセラーマンガ。

投稿者: mameblack 投稿日:


先日、行きつけの図書館でマンガを探していたら……

裏表紙に

カルト的人気を誇るベストセラー

という言葉を見つけ

もちろんタイトルにも惹かれ

即行で借りてきました、この本!

 

 

 

 

内容はタイトル通り

うさぎが様々な方法で、自殺するという

まぁシュールな内容ですが

 

 

 

なんといっても、この作品。

魅力的なのは

ほとんど文章がないこと

つまり絵だけで全世界共通に楽しめるということ!!

 

 

誰でも楽しめるということ!

 

 

くだらないものから、複雑なものまで

死にたいときは、この中から死に方を見つけて

死ぬというのも……難易度が高そうです(´・ω・`)

 

 

 

 

ちなみに、一作目。

二作目。

 

 

前の二作は、ボクもまだ読んでないので

amazonでポチって、早速、読んでみようと思います。

 

 

 

自殺うさぎの本』の作者、アンディ・ライリーさんが気になって

 

 

こちらの本も同時に購入!

 

”うざい”というよりは、”くだらない”発明ばかりで

一つ一つがくすっと笑える作品となってます。

 

 

 

この本も『自殺うさぎの本』同様、文章はほぼありません。

 

 

 

表紙の絵は

”ひとりでできるもん” 散歩編

という作品です。

 

なかなかエッジのきいたタイトルだなぁと

上から目線で感心してみたり。

 

 

あと裏表紙には

鼻汁ペン~インクの切れない万年筆~

という作品が載っていて

ペンから伸びたチューブを鼻にさして

鼻汁で、契約書にサインしていますが

 

 

 

そんなの汚くて、契約したくないよ!

 

 

パソコンでゲームしたり、小説を読んだり

はたまた小難しい本を読むのもいいかもしれませんが

時には、こういうブラックユーモアも気分転換になるかも?

 

 


カテゴリー: 読書感想文

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。