昔から自分のことしか見えない人間で、そのくせ自分を省みることができない

投稿者: mameblack 投稿日:


マンガのフレーズを見て、自分のことを省みる。

単純な脳細胞である、単純な思考回路である。

それを考えると、マンガしか読まない人をバカには出来ない。

マンガで人生が変わることもある。

今のところ、ボクjの人生はマンガでは変わってないけど←

 

 

ボクの人生は、どこで変わったんだろうか?

なんで海外に行きたいと思ったんだろうか。

覚えてないんだよな……たぶん一つの現実逃避でしかない。

 

ボクjの人生の主人公は、ボクだけど

この世界の主人公もボクじゃないかと思っていた学生時代。

何をしても、ボクは好かれていた。

就職してから、2年半弱だけど、好かれていた方だと思う。

途中、出向先で、すげー嫌な思いはしたけど。

 

改めて、他人に好かれることがいいこと尽くしではないと感じた。

努力して、好かれようとしている人からすると

ぶん殴ってやりたいほどに、嫌な奴だと思うけど。

 

 

志村貴子さんの人間関係が絡み合っていく

漫画の組み立て方が好きで、ハマっている。

 

副題は、昭和の歌謡曲のタイトルになっていて

それも、昭和歌謡曲好きのボクにはツボです。

1巻の副題だと「夏のお嬢さん」が好きです。

(榊原郁恵さんが好きなので)

 

「チーム離婚」こと、まゆ、きゃなこ、ぐっち、ニーナの4人組女子高生。

なんとはなしに仲良くなった4人だが、全員、親が離婚している。

 

 

しかも、最初から驚いたんですが

まゆのお父さんは離婚して、彼氏と同棲している。

俗にいうゲイである。

 

 

志村貴子さんのマンガは、日常には不思議なことが溢れていることを

人間の多様性を教えてくれる気がして、ボクはとても好きなのです。

こういう形で、マイノリティという存在も

社会で認められるようになればいいなーと思う今日この頃。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。