嫌いになる前に、嫌われる前に、終われて良かった。

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

 

 

こんな本があるよーという紹介も含めて。

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

ついに迎えた最終巻。

色気ゼロの、たまちゃんに春が来る?

 

3巻の最後で、堂本さんへの気持ちを告白して

(正確には、車の中で盗み聞きされていたんだけど……)

恋愛経験ゼロの、たまこちゃんはいっぱいいっぱいになって

 

嘘をついて、富山にある実家へ逃亡

 

富山いい感じだなぁ、寒そうだけど(´・ω・`)

 

 

たまちゃんが迎えに来た宮下くんに漏らした本音。

ここを出たら…私も・・何かしら輝かしい存在になれるんじゃないかと…

臆することなく”それ欲しい”って言う権利を手にできるんじゃないかと…

でもダメだった

全然ダメだった

見てももらえなかった…

 

 

たまちゃんの気持ちは地方出身者としては痛いほど分かる。

ボクも昨年初めに、東京(住んだのは千葉だけど)に行ったけど

地元にいるときよりも不自由だった気がする。

仕事している時よりは、不自由じゃなかったけどね。

居心地の悪さ、雰囲気の違い、何かに追われている人々で溢れる場所に

ボクの求めたモノは何一つとして存在していなかった。

「それ欲しい」と手を伸ばすことすら躊躇されるような場所。

 

すぐ帰ってきました。

実家で、のんびりしてます。

自立しないといけないな、と思いながら。

 

 

それにしても、たまちゃんは鈍感すぎて、宮下くんは可哀想な気がします。

好きだって遠回しに伝えても、からかってると思われて

最終的に

好きだって言ってんの!

なんだお前 おバカさんかっ

って言って逃げてきたり

 

 

たまちゃんは堂本さんと決着をつけて

宮下くんはアキホちゃんと決着をつけて

末永く富山で幸せに暮らしましたとさ。

めでたしめでたし(笑)

 

ももちゃんも遠距離恋愛中だった多賀谷さんが戻ってきて

なんだかハッピーエンドになりました。

 

アキホちゃんは可哀想だけど。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。