失恋女子の特効薬に。小川糸さんの泣ける2作品と、おまけ。

投稿者: mameblack 投稿日:


ここ2週間ほどで

マンガを含め20冊近い本を読んだので

感想文をひたすら書くという自己満足期間ですが

正直、良作も多いので

もうすぐ夏休みが終わる高校生や

まだ一か月以上も夏休みをエンジョイする大学生に

本を読んでもらえたらなーなんて思いながら

 

 

もちろん大人にも読んでほしいですし

今回ご紹介する本はアラサー世代向きかな?

という部分もあるので

言わずと知れた人気作品だとは思いますが

知ったかぶって、紹介します(/・ω・)/

 

 

まずは小川糸さんのデビュー作である『食堂かたつむり

 

 

 

柴咲コウさん主演で映像化もされているので

映像の方をご覧になった方は多いのかなーと思いますが

映像を見てから、原作を読むというのも

結構、面白いかなと思います。

はい。

 

 

 

ちょっとネタバレになりますが

小川糸さんの作品は美味しい料理が出てくるので

書籍で文字を追うことで、想像するほうが

実際に映像を見るより、美味しそうな気が……

失礼かもしれませんが。

 

 

 

 

装丁もオシャレなので、かなり好きな本だったりする。

最近は電子書籍も流行っていて

僕自身KindleをPCに入れているので

気に入った作品をパッとKindleで買うこともあるけど

CDのジャケ買いのように

本の表紙買い、装丁買いというのもいいじゃないかと

個人的には思ってます。

 

 

それはさておき、『食堂かたつむり』は

同棲していた恋人にすべてを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、倫子はさらに声をも失う。
山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな食堂を始める。それは、一日一組のお客様だけをもてなす、決まったメニューのない食堂だった。

という作品で、失恋からドンドン立ち直っていく話なのです。

 

 

これを読むと、田舎暮らしっていいな、って思う。

元々都会よりも田舎というか

自然の多い場所で、ひっそりと生きていたいので。

 

 

まぁ失恋経験はないんですが!

ちょっと泣けるし、ごはん美味しそうだし、人が温かいし。

屠畜するし、おかん死ぬし。

……超ネタバレしましたが、そういう作品です。

 

 

 

それと同時期に書かれた日記をもとにした日記エッセイ

 

 

 

これを読むと、小川糸さんの人柄も分かって、面白い。

小川糸さんが小説にかける想いや読者に対しての想い

それから、料理が好きなこと、食べるのが好きなこと

読んだ本のこと……

 

 

ペンギンとは何者なのか?

 

読み進めるうちに、分かると思います(笑)

 

 

そして、このエッセイの中で

仕事で石垣島に行くというお話がのっていて

そのお仕事というのが、きっとこの作品。

 

 

 

 

こちらも、仲里依紗さん主演で映像化されたので

 

 

 

こちらをご覧になってる方が多いかも?

辛い出生の秘密を抱えるまりあは、ある日突然失踪した夫を探して、南の島をおとずれる。

島の助産院の先生から予期せぬ妊娠を告げられて―。

すべての命に贈る、誕生と再生の物語。「今ここにいる」ことの奇跡を力強く描き出す感動長編。

 

 

またも愛する人が失踪するという、悲劇からの始まり。

 

 

男、失踪しすぎじゃない?

 

そんなに失踪するの?

 

誰も信じられない(´・ω・`)

 

 

 

この間も書いたけど、ほんと石垣島に行きたい!

というか、行きます!

夏は台風がヤバそうなので

シーズンオフの安いときに行きます。

 

 

失恋したときには、この2冊と小川糸さんの日記エッセイで

現実逃避してください。

 

 

ボクは失恋したことないけど、むしろ恋すらしたことないという

天然記念物に近いレベルのアラサーだけど

小川糸さんの作品は泣けて、あったかい作品です。

 

 

オススメです。

 

超オススメです!

 

 


カテゴリー: 小説読書感想文

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。