友達と、恋人の違いって何なんだろうね。

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

 

 

こんな本があるよーという紹介も含めて。

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

※今回はガールズラブ作品です。お気を付けください。

 

 

表紙絵は、織江さんと日向子さんかな?

たまにキャラの見分けがつかなくなります。

違ったら、ごめんなさい(´・ω・`)

 

 

今回は1年生の大野ちゃんのおじいちゃんの家

箱根の老舗旅館に押し寄せたご一行。

 

あーちゃんも言ってたけど、藤が谷はお嬢様だらけです。

 

ボクが中学時代、お金を持ってる層(主に金髪のギャル)は

お医者さんの娘さんが多かったんですけど

老舗旅館とか、桁違いすぎて、冗談かと思いますよね。

 

 

今作は、裸がエロいです。

そして、あーちゃんの無意識な言葉に、ふみちゃんが動揺してしまう。

ふみちゃん きれいだから みとれちゃったの ごめんなさい!!

と、温泉で言われて、のぼせる。

 

つきあってみようか わたしたち

これでも一晩考えたのよ? ねてないの。

と、お泊りした朝に言われて、顔面崩壊。

 

 

 

好きな人に告白されて、受け入れられるって大事件なんだな。

 

だいじなのは

臆さないこと

卑屈にならないこと

きちんと気持ちを伝えること

 

ふみちゃんは、あーちゃんのことを恋人としての好き、だけど

あーちゃんの好きは、友達の好きを超えてないんじゃないかと

不安で、不安で仕方がない。

幼馴染で、いつも優しい、あーちゃんだからこそ不安なんだ。

 

 

恋愛経験に乏しいボクですが、高校時代

仲の良かった男子高校生に告白されたことがありまして

その告白のときに

「俺、今まで告白されて、断られたことしかなくて

今回、断られたら、俺どうしたらいいか分からない」

と言われたので、付き合ったのですが

驚くほどに瞬殺で、自然消滅になりました。

 

優しさって、たまに残酷なことになるよね。

だって、ボクは好きな女の子がいたんですもん、そのとき。

付き合うとか、そういうことは考えていなかったけど。

ただ眺めているだけでよかったんだ。

隣にいて、友達の一人として、見ていられれば良かったんだ。

自分のものにしようとすると、なんか失敗しそうな気がして。

 

 

 

今回ちょっと気になったのが、あーちゃんのクラスメイトの上田さん。

実は、何も言わないだけで、あーちゃんのこと好きなのかな?

家庭科の時間に、あーちゃんストラップつくっちゃうんだもんなぁ。

あの二人じゃなきゃ確実に「気持ち悪い」雰囲気になりそう。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。