信用は1度失うと、もう戻ってこないのかもしれない。

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

 

 

こんな本があるよーという紹介も含めて。

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

正直、藤さんはめんどくさい人だと思う。

でも、自分に似たところもあると思う、あそこまで考えなしではないけどw

 

2巻では、1巻(裏切った人間が5年ぶりに戻ってきたら、どうする?)の最後から続く

ゆりちゃんの地元凱旋(地方巡業)で始まるのですが

強くもないのに、勝ってもないのに、試合中なのに、マイクを持つ藤に

相手のレスラーに

「あんたヒールになったらいいのに」

と言われる。

 

 

ヒールって、なんだ?

プロレス全然、知らなくて、ごめんなさい(´・ω・`)

 

ウィキペディアによると

プロレスにおけるヒール: heel)とは、プロレス興行のギミック上、悪役として振舞うプロレスラーのこと。

悪役悪玉悪党派などとも呼ばれる。通常、ヒールは反則を多用したラフファイトを展開する。

ということです。

 

 

ヒールって言うから、ハイヒールでも履くのかと思いました。

でも、藤さんはセコイことしても、許されそうな気がするよねー。

それでも、なんだか弱そうな感じ。

 

 

今回、藤さんの娘えりかちゃんとパパの話が出てくるんですが

ボクは志村貴子さんの書く男性が好きだなと。

このパパみたいなタイプの男性。

以前、読み終わったガールズラブ作品の『青い花』の各務先生なんかも好き。

硬派で、真面目で、優しい感じ。

 

そういう人に、私はなりたい。

(タイプの男性というわけではないようだ……)

 

 

女性が多く出てくる作品だけど、真面目そうな男性を描くのが上手いなぁと

ちょっと上から目線で、書いてしまった(; ・`д・´)

 

 

 

藤さんは信用されにくそうな人だなー。

たぶんボクの周りにいたとしても、信用しないだろうなぁ。

逃げないように、人里離れた山小屋に連れていかれても

文句は言えない気がするよ、ボク。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。