何一つ見せない彼女の実体が何か一つ見えた気がした

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

 

 

こんな本があるよーという紹介も含めて。

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

2巻では、もしかして命を狙われてるのでは?

と、梢さんに疑念を抱く旦那さんですが……

 

 

梢さんのふと素に戻る表情が魅力的で

嵐の夜、割れた窓ガラスから守るため

思わず抱きしめてしまったら

なんとなくギクシャクしてしまった二人は。

 

 

探し人を追いかけてやって来たゴシップ記者

外国人と結婚した娘と、対立する母

奥さんに乗り込まれた不倫カップルの女性

こうもトラブルだらけのお客様ばかりってのも

なかなか面白い宿ですが

 

 

それが綺麗に解決してしまう

そんな雰囲気、空気がこの場所には

流れてるのかもしれませんね。

 

 

というより、梢さんの曇りのない言葉に

なんだか心を動かされてしまうのかもしれませんね。

 

 

夏祭りのイザコザで、

竹本の性格の悪さが露見したところが

ちょっと面白かったですけどねw

 

 

結局、政治家なんて自分のこと偉いなんて思ってんだろうな。

 

 

梢さんの久々の外出に、PCの履歴その日から彼女は姿を消したを確認したら

DNA鑑定の記録が……!

もしかしたら、梢さんと自分は親子なんじゃないか?

と疑い始めた旦那さん。

 

 

確かに浮気していた過去もあるし、年齢も問題ない。

今までのことを思い返してみても、思い当たる節がありすぎて

あーどうしたらいいんだ?

 

その日から彼女は姿を消した

 

 

彼女は旦那さんを追い詰める履歴だけ残して、消えてしまいました。

なんてこったい。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。