ボクが、あの道を曲がらなかったら、今どこにいるんだろう?

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

 

 

こんな本があるよーという紹介も含めて。

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

これで、志村貴子さんの作品は3作目。

ふんわかとした水彩っぽい絵が好きです。

 

今回は、藤野千夜さん原作のコミカライズ本。

正直、漫画で読むよりも小説で読んだ方が面白かったのかな

と、読み終わった後に、往生際悪く思ってみましたが

きっと志村貴子さんの作品じゃなかったら出会ってなかったので

これも運命と思うことにします。

 

 

 

姉のエリ子と弟のダイゴは、近所の公園から家に帰るハズが、

いつの間にか、ちょっとだけズレた違う世界に来てしまう。

 

見慣れた道を帰っていたら、何度も同じ道を歩いてしまったり

ようやく家に着いたと思ったら、そこが海だったり

散々歩いて、たどりついたのが最初にいた公園だったり

弟の亡くなった同級生が犬の散歩しているのに出会ったり

 

 

ボクがあの時、選ばなかった道を選んだボクが

他の道を選んだ誰かと同じ時間に住んでいて

ひょんなきっかけで、その場所に行けたとしたら

ボクは今の人生を捨てて、そこで生きていけるだろうか。

 

今よりダメなボクがいるのだろうか。

 

 

余談ではありますが、ヤマノイさんが『青い花 』の奥平あきらちゃんに

似ていて、ニヤニヤして、ほっこりしました。

 

 

それにしても、マッチョはいいやつだなー。

友達だからって、エリ子ちゃんの話を聞いてくれて

ちゃんと信用してくれるんだもん。

ボクも誰かのそんな存在になりたい

なんつって。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。