なんとなく不思議な存在、それが母という女である。

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

こんな本があるよーという紹介も含めて。

 

 

 

 

気になったら、読んでみてください。

 

今回は、この作品。

 

 

 

母という存在は不思議である。

自分は、きっと母という存在になる可能性はないのだけれど

うちの母は、しっかりしているようで

突然、意味の分からない大ボケをかましてくる。

……これが、どうやら遺伝しているらしく

ボクも、堅実にツッコミキャラを確立しながら

たまに、クリティカルヒットなボケをかますらしい。

 

 

 

自覚はない(笑)

 

 

この本を読んで、なんだか益田さんのお母さんが

ボクのお母さんだったらよかったのに、と思ったのは

年代が違うからだろうか

それとも、ないものねだりなんだろうか。

 

 

 

それにしても、どこのお母さんも

結局どこか芯のところで、何か似ているような気がする。

そう感じた一冊でした。

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。