つらいとき、あせってしまうとき、この本を読めば楽になるよ。

投稿者: mameblack 投稿日:


働きたいと焦って、仕事を探すけれど

ここ最近ずっと断られています、見つかりません。

 

正直、働きたいのか、働きたくないのか分かりません。

でも、たぶん働いて、収入を得ることに対して

ボクはマイナスのイメージを持っていません。

 

ただ「やりたくないこと」が明確で

それを排除すると、条件が限られるということです。

 

働きたいのに、働く場所が見当たらないというのはストレスです。

世間から見れば、ワガママなバカの言い訳にしか思われないでしょうが。

劣等感や、虚無感に襲われたとき

ボクは大体、モタさんこと斎藤茂太さんの本を読みます。

 

 

今回は、生きいそぎつつある自分への戒めとして

この本を読むことにしました。

 

 

ボクたちはなんで、こんなに焦っているのか。

焦っているのか、それとも誰かに焦るように仕向けられているのか。

 

最近、アドラー心理学が流行っていますが

この本の中にも、アドラー心理学みたいな考え方が載っていて

他人との距離の取り方、上手な付き合い方が書いてあります。

アドラー心理学を実行するのは難しくても

モタさんの優しい表現なら、なんだかやれそうな気がするのはボクだけかな?

 

ほとんどの物事は、おもしろいと思えばおもしろくなってくる

人生は、おもしろくない。

今のボクは、そう思い込んでいるのかもしれない。

だから、嘘でもいい。

嘘だけど、と思わない状態で

 

ボクの人生はおもしろい

 

おもしろくて、仕方ない。

おもしろすぎて、自慢できるレベル(。-`ω-)

という方向で生きていこうと思います。

 

 

4月から新生活を迎えると、ストレスを強く感じる人も多いかもしれませんが

学校でも、仕事でも、そこだけが居場所じゃないということを

どんなにダメになっても、何か助けてくれるものがあるということを

忘れてなければ、どうにかなる。

 

ボクに、乃木坂46さんが、欅坂46さんがいるように

10年以上ぶりに会ったのに、一緒に笑ってくれる先輩がいるように

 

 

 

この言葉も好きです。

時間は削るものではなく、あせらず確保するもの

 

好きなことをする時間を削って、仕事に忙殺されるのではなくて

仕事を調整して、好きなことに使える時間を確保する。

正直、綺麗ごとだとも思うんですけどねw

会社員時代、目の前にある仕事の段取りを自分で考えていても

横から、他部署で溢れた仕事を詰め込まれてたんでね。

どんなに効率を上げて、残業しても、ギリギリになってました。

残業代も払われて、実績に応じて昇給もされたけど

そういうことじゃないんですよね……そういうことじゃ。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。