これまでのしわよせを他人のせいにしないように

投稿者: mameblack 投稿日:


ボクは恋愛をしたことがない。

誰かを本気で好きになったことがない。

好きになったら、好きにならないように

違う方向に気持ちを持っていく。

誰か一人を好きすぎることにならないように

誰か一人を大切な人にしてしまわないように。

 

 

何の努力か分からない。

ただ幼稚園から大学生まで、同性の上級生から好かれていた。

あ、それがボクは男子っぽくなった理由でもあるんだけど

他人のせいにするなんて、クズみたいだから、やめとく。

だから、誰か一人の先輩と仲良くなったら、なんか悪い気がして

どの先輩にも、出来るだけ好きという感情を振りまいていた。

 

 

ただ誰かを傷つけるのが怖いという言い訳を引っさげた

嫌われるのが怖い小心者なんだけど。

結局、嫌われるのが怖いのか……平気な顔して、嘘つき野郎だ。

 

そして、そうじゃないよ、と言ってもらうのが目的だ。

どこまでも、あさましい。汚い。

 

 

そんなボクだから、女子高生がキャッキャしてる話なんかより

八方美人のオバサンの話のほうが読んでいて、共感できる。

 

2巻の中で好きなのは「私がオバさんになっても」という話。

言わずと知れた森高千里さんの名曲で、小学生の頃から好きな曲だ。

 

40歳になって、25歳の女の子と付き合い始めることになる。

恋愛なんて、まともにしたことのないオバサンの話だ。

ちなみに、「チーム離婚」のまゆちゃんのお父さんの彼氏のお姉さん。

 

弟ホモで姉がレズって おもしろい姉弟ね~

 

とうセリフは各所に波紋が生まれそうではありますが

まぁ普通の人の反応って、こんなもんなんですよね。

 

 

ボクが女子中学生だったとき、女子高校生だったとき

ボクはいつだって、自分しか見ていなかったし

自分と気が合わない人間、友達を傷つける人間を傷つけたけど

今になって、全部、間違っていたような気がする。

あのときは自分の正義という名の大義名分か何かで

自分や友達が傷つかないように、容赦のない言葉を振りかざしていたけど

誰かを傷つけることは正義なんかじゃないのだ。

 

 

大人になった風のボクは、これから恋愛できるだろうか。

40歳まで、10年近くあるけど、その頃までにはボクが一緒にいたくて

ボクと一緒にいたいという人に、出会えればいいなと

未来の自分に期待している。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。