ここは”人生の終わりのはじまり“

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

こんな本があるよーという紹介も含めて。

 

 

 

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

 

 

博士の愛した数式』で有名な小川洋子さん原作の作品。

 

 

 

レース屋さん、義眼屋さん、輪っか屋さん、紙屋さん、勲章屋さん

一風変わったお店が立ち並ぶアーケード。

 

 

そこに現れるお客さんも不思議な人ばかり。

 

問題を解決していく大家さん(お嬢さん)は

大切な記憶が抜け落ちている。

ちなみに、表紙絵の少女が大家さんです。

 

 

そして、お客さんたちに付きまとう死の存在。

 

色んな人を手助けするうちに

大家さんはしだいに真相に近づいていく。

 

 

 

記憶を取り戻した大家さんは……

ノスタルジックな雰囲気で、大人が読んでも面白いけど

たぶん子どもと読んでも面白い。

 

 

寝転がって、瞳の色が綺麗という遊び、やってみたいな。

 

相手がいない(´・ω・`)

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。