あなたもパンドラの箱を開けてみない?

投稿者: mameblack 投稿日:


アラサー読書感想文企画です。

読んだ端から、読書感想文を書く!

 

 

こんな本があるよーという紹介も含めて。

気になったら、読んでみてください。

今回は、この作品。

 

先日、『午前3時の無法地帯』を全巻3冊読んで、感想文を書いたんですが

楽しい会社を選択するのはダメなこと、だろうか。

正しいとか、正しくないとか、そんなことふっとばす強さ

私と仕事どっちが大事なんて聞かない

興味がある方は、そちらもご覧ください。

 

 
続編として、『午前3時の危険地帯』という作品もあるんですが

その前に、ねむようこさんのデビュー作を読んでみようと思って。

デビュー作と、描きおろしを含めて、10作の短編がギュッと詰まってます。

 

 

ちなみに、デビュー作は最後に載っている『ナイトフルーツ』という作品なんですが

意味が分かったら、特に男性陣はゾッとするんじゃないかと思います。

(ボクは男性じゃないので、想像しかできませんけども)

そして、なんかキュッとするというか、変な汗をかきそう。

女の人って、怖いと改めて、実感するお話だと思います。

そして、その行動力がちょっと理解できない。

 

描きおろし作品は、商店街の福引き風のお話。

何でもひとつだけ願い事が叶う券!

3日以内に願い事を決めなくちゃいけないと

悩みに悩んだ挙句、出てきた答えは……

そして最後のどんでん返し。

ボクもきっと、この物語の主人公と同じことを願いそうだな。

そんな幸運は舞い込んでこなさそうなので

まぁ地道に生きていきます、頑張ります。

 

 

表題作である『パンドラ』も結構、刺激が強い話。

エレベーターで、全裸の女性に迫られたら、トラウマになりそう。

社会って広くて、たぶんボクの知らないことがまだある。

(なんか違う)

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。