あなたのおうちは幽霊屋敷じゃないんですか。

投稿者: mameblack 投稿日:


どうでしょうか。

たまに、ボクの家でも不思議なことが起こります。

 

父方の祖母が亡くなった直後

自宅の階段で、母が父に対する悪態を独りごちたとき

誰かに背中を押されて、階段から落ちたとか。

もしかすると、それは祖母の父に対する愛から、か。

 

目に見えるポルターガイストみたいな現象は起きませんが

何か見えないものが、この世には存在しているのかもしれません。

 

 

装丁の鮮やかさに、思わずに手に取った本。

ちょうど2年ほど前、ボクが初めて恩田陸さんの作品を読んだのが

この作品で、直木賞を受賞されたので、改めて読み直してみる。

 

綺麗な装丁に包まれた中身は、幽霊屋敷の過去を

そこを訪れた人たちの視点で、書き進められていく。

 

丘の上の小さな家(幽霊屋敷)では、不思議な現象が起きていて

ただただ何ともいえない恐怖が行間から押し寄せてくるのに

その恐怖が何なのか、表現できなくて

ただ急に、寒気に襲われるような恐怖が忍び寄ってきます。

 

 

いまはこうして目玉や髪の毛や耳だけになっても、

ガラス壜の中で永遠に平穏な時を過ごせるのですから。

 

 

という第二章のくくりから恐怖が溢れ出てきて

怖いのに、どうしてもページをめくる手が止まらない。

 

今日からボクは寝る前の物音で、ソワソワしてしまう気がする。

それは家の外で、生きている人間ではなくて

ボクの家に住んでいる幽霊なんじゃないか。

 

 

でもね、安心してください。

ボクたちもいつか幽霊になるんですから。

いつか幽霊になるのであれば、幽霊を怖がる必要ないのかも。

 

 

ただ不気味な恐怖と、どこからか忍び寄る寒気を感じるには最適の一冊。

……読むのは夏のほうがよさそうだな(´・ω・`)

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。