「遠慮のかたまり」って言葉、使いますか?

投稿者: mameblack 投稿日:


ナウでヤングなんて言葉は、もう使いませんよね。

カップルだって、昔はアベックなんて言ってたわけで

 

 

ボクが中学生の頃なんかは

ヤマンバやらパラパラが流行っていて

(この作品だと、ヤマンバってよりギャルだけどw)

 

広島には、まだ暴走族がいて

(とうかさんのとき、警察官の前で解散式みたいなのやったらしい)

ルーズソックスが流行っていて

 

それがまぁアラサー世代の青春時代のハイライト?

 

 

「チョベリバ」「チョベリグ」なんてのも流行ったなぁ。

 

 

なんてことを益田ミリさんの『<言えないコトバ』を読んで、思い出した。

ボクらの年代ともなると、結構カタカナ英語は使うんだけど

その上の年代となると、ちょっと難しいのかなというイメージ。

 

 

で、

遠慮のかたまりってコトバつかいますか?

というのが、この本を読んでの最初の感想。

 

 

遠慮のかたまりは

居酒屋などでよく耳にする言葉である。

ということで、詳しく知りたい方は読んでみてください。

(ネットで調べれば、出てくるんだけどさ……)

 

 

この本の中には益田さんの”言えないコトバ”が詰まっていて

一人で読んで、言えるコトバ、言えないコトバ、知らないコトバなんて

一つずつ見ていくのも面白いかもしれないし

誰かと一緒に読んで

「これは言わないよねぇ」「これは使うよねぇ」なんて盛り上がるのも

面白いかもしれません。

 

ちなみに、ボクは結構、言えるコトバが多かったです。

親にもらった大事なカラダ

なんてのも使います。

 

 

親にピアスの穴あけたら?

って勧められたときにね。

 

 

 

話のタネに一冊どうでしょうか。

 

 

 

 

言葉一つ一つにマンガもついているので、それだけでも楽しめますよ。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。