はあちゅうさんが羨ましい。

 

 

 

正直、有名大学を出て、大手の会社に入社して

フリーになっても、成功してるんですー(*’ω’*)

だから、嫌いは嫌いです。

そんなの僕からすれば、努力じゃないし

経済的に余裕がある家でだ

お金に何の不満もなく生きてきた人は

地方の大学に、バイトしながら通った僕からすると

嫉妬だの、羨望だの、というより

憎悪の対象でしかありません。

そんなん自分の努力じゃなくて、周りのおかげやんって。

ただ、きっと彼女はそれだけじゃない。

 

ただ僕も、はあちゅうさんに近づきたいなっていうのはあるし

正直、羨ましいなってのも正直な話。

僕、阿川佐和子さんのファンなんですけど

(小説とかエッセイとか結構、読んでるし、面白い方だと思って)

『たけしのTVタックル』(だと思うんですけど)をふと観てたら

はあちゅうさんが、阿川さんの横に立っていて

めっちゃ羨ましかったですもん。

(なんか違う?)

あと、メディアに出ることによって

誹謗中傷とかもあるかもしれないですけど

好きなことをして、生きている結果が

今の、はあちゅうさんであって、それは確かなことなので

好きなことをして生きていく

というビジョン、モデルとしては最高だと思います。

 

 

 

 

1度だけ読んで満足じゃない。
毎日、読みたい。

 

 

そんな作品です。

ここまで、いっそ本の感想を書いてきていませんけど

この本の中には、はあちゅうさんの考えていること

今の、はあちゅうさんをつくっているマインドが詰め込まれていて

まだ、ちゃんと読み込めてないん

改めて、共感したとか、実行したとか

そういうのを書いていこうと思ってるんですけど。

はあちゅうさんが、こうなんだから

自分なんか、まだまだ!

って思わせてくれる一冊だと思います。

 

 

最後に、今の僕に必要だなと思った言葉

僕みたいに変わりたいなって思ってる人にも気にしてほしい言葉

まことに勝手ながら、本文より引用させていただきます。

 

自分を変えたいならなおさら、

「自分なんてたいした人間じゃないんだ」

ということを受け入れるところから始めないといけないと思うんです。

それで初めて、「だったら、自分はどうすべきなのか」が見えてくるんじゃないでしょうか。

 

そう、たいした人間じゃない。

たいした人間じゃない僕が、たいした人間になるために

こうやって、ブログを書いたり、本を読んだりするんです。

たいした人間って何か、よく分からないけど。

なったら、きっと今より何か見える気がする。

……適当ですね(笑)

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。