ロンドンには大きいものから小さいものまで、多くのMuseumが存在しています。

大英博物館、ナショナルギャラリーなど芸術系が多いので、科学系Museumが好きなボクには少し物足りません。

住んでるところから自転車で少し走れば、自然史博物館と科学博物館があります。

自然史博物館は自然系、科学博物館は産業系かなと思っています。

今回オススメするのは、University College London併設の動物学博物館です。

月曜日から土曜日の13時から17時までしか開いてない、こじんまりとした博物館です。

入口から全てが見渡せる程の大きさなので、30分程度で見終わることができます。

Grant Museum of Zoology

大英博物館からも歩いて、10分ほどなので、大英博物館に飽きたら、のぞいてみるのもアリですね。

入り口では受付の優しいお姉さんと、大きなヘラジカ?の角が出迎えてくれます。

ジュゴンの骨格標本があったり

最近の大火災で話題になっているオーストラリアのコアラの剥製が四足歩行形式で展示してあったり

入り口付近から、館内を見まわしてみたら、2階から骨格標本がボクたちを見つめていたり

(2階には入れません)

ここより下の画像は、ひとによっては不快に感じる可能性があります。

動物の頭部のみ剥製(ホルマリン漬け)です。

苦手な方は、ご覧にならないようお気を付けくださいませ。

ボクは可愛いと思うんですよ。

特に左下のゴマフアザラシなんて、笑ってるように見えるし。

他にも、こんな感じの展示が好きな方にはオススメですね。

入ってすぐ脳みそのホルマリン漬けが並んでいるので、興奮します←

というくらいボクは変態です。

あと、カンガルーのホルマリン漬けも。

毛が生えてなかったのですが、体のつくりが分かりやすかったので。

贅沢を言えば、恐竜好きとしては、もう少し恐竜コーナーが豊富であれば。

まぁ恐竜が見たければ、自然史博物館に行けばいいわけですけどね。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。