飲食店で働いていると、少なからず忙しい瞬間がある。

それがランチタイムとか、ディナータイムとか予想されていた時間ではない時もある。

ランチが13時頃と比較的、早めに忙しいのが終わり、のんびりと仕込みをする。

そうすると、15時頃からまた忙しくなる時もある。

特に土日は朝ゆっくりで、ごはん作るの面倒だし、デリバリー頼もうか、みたいな人が多い。

朝のシフトは15時半までなので、そろそろ上がりだなーと思っていると、そういうことになることもある。

しかも、14時半くらいから30分の休憩を回すので、それが重なると帰れない。

基本的に、日本とは違うので、残業は本当に嫌われているから、残業するとペナルティがつく場合もある。

忙しくなると、みんな殺気立っているときがある。

少し悩んでいると、怒鳴られてしまう。

全く阿呆らしいことだと思いながら、ボクは一言「Sorry」と言ってやる。

その悩んでいることが業務のことでないわけではないのに。

まぁ別に、そんなくだらないことで怒る必要もない。

忙しさが続くと、母国語で文句を叫ぶスペイン人、ボクをどついて命令する中国人。

ボクは英語の未熟さで、この仕事をしているけれど、他の人の人間性の未熟さに驚かされる。

大体、飲食で働くというのは、そういうことなのだ。

そのタイミングで来るか分からない客の都合に合わせて働く。

だから、ボクは飲食店が嫌いだ。

足りないよりは余る方がいいという方針だから、食べ物のロス率が高い。

つまり、コストパフォーマンスがあまりよくない業種だからだ。

ボクは経営陣ではないので、今回は関係ないけれど。

現在はイギリスに滞在するために、致し方なく働いているだけ。

まぁ今ではイギリスに滞在する意味さえ見失いかけているので、無駄な時間かもしれないが。

それはさておき、だから飲食店で忙しいと怒るのはナンセンスだし、時間の無駄。

怒る暇があれば、料理の一つでも提供すればいい。

別に怒ったところで、目の前にある忙しさが軽減されるわけでもないのに。

急いで、それを片付けて、息がつけるタイミングで、飲み物でも軽く飲めばいい。

そういうのが日本人っぽいのかもしれないけど。

自分の感情すらコントロールできないで、何をコントロールできるというのか。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。