イギリスに来て、よく聞く英単語は「Anyway」

日本語で言うところの「それはさておき」「ところで」くらいの意味合い。

ボクは、この言葉が嫌いである。

今朝も全くの言いがかりでポーターからクレームを受けた同居人が真相を話すボクに言い放った。

自分が話してる時に使うのなら、まだしも他人の言葉を「Anyway」でさえぎるのは失礼だ。

事の始まりは先日、仕事に向かうため、エレベーターに乗ろうとした時。

偶然にも、ボクの階にエレベーターが止まり、男性が下りてきた。

ボクは急いでいたので、すぐに乗り込み、ボタンを連打した。

(閉ボタンがないので、連打することによって、ドアがすぐに閉まる)

そのとき、ドアがが閉まらなかったので、ドア付近にある小さな本を蹴飛ばした。

そしたら、わめき散らしながら、先程の男性が戻ってきた。

どうやら床に捨てたのではなく、エレベーターを止めるために置いていたらしい。

その時点で、非常識である。

それをずっと「Don’t kick the book」と唱え続けてる。

仕方なしに「Sorry」と返すと、向こうも「Sorry」と返した。

これで話は終わったはずである。

ボクは、仕事に行くようにエレベーター内で髪を結んでいたのだが、そのとき肘が軽く触れてしまった。

そこも「Sorry」と謝った。

それが今日になって突然、同居人から言われたのがこうだ。

まず、その男性はボクの住んでるマンションのポーターだった。

ポーターというのは管理人みたいな人で、住み込みで保守管理をしている人だ。

(ちなみに、毎月ポーターには管理費を払っている)

ポーターが、君に突き飛ばされたと言っていた。

少し肘が当たっただけで、突き飛ばされたとは貧弱にも程がある。

しかも、彼が落とした本を蹴飛ばしたそうじゃないか。

そういう問題を起こすのはやめてくれ。

ボクは彼がエレベーターを本で止めていたので、それを蹴りだしただけだし、謝った。

ボクは悪くない。

それに突き飛ばしてもいない、確かに肘はぶつかった。

でも……

ここで「Anyway」である。

そんなことはさておき、問題は起こさないでくれ。

いやいやポーターが住人に迷惑かけてるやん。

大事な本やったら、床に置かんし。

床に置いてたら、蹴飛ばされても、文句は言われへんで。

しかも全部、被害妄想で語ってるやん。

謝ったことすらなしにされてるやん。

ほんまイギリス嫌になるわぁ。

しかも昨晩はバイト先から帰ってきたら、敷地内で妙齢の女性がふらふらしてるし。

近づいてきたから、挨拶しようと思ったら、よたよた壁に向かって歩いて、最終的に壁の前でぶつぶつ言ってるし。

怖いよ、怖すぎるよ。

イギリスは怖い。

日本以外は基本的に怖い。

誰も信用できませんね。

まぁ日本にも信用できる人間はいませんけど。


カテゴリー: ブログ論

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。