はあちゅうさんの『半径5メートルの野望』を再読した。

以前、読んだときは綺麗事としか思っていなかったけど、今は少しずつ普通になってきている。

大学を卒業して、就職して、定年まで働くという生き方は今、変わってきている。

今月頭には、内定式があったわけだけども、ああいうのも馬鹿らしいなと今だと思う。

ボクは内定式に出たことはないし、新卒でストレートに就職できなかったから、当時は羨ましかった。

でも、わざわざ面倒くさい式に参加するような経験がなくて、よかったな。

 

高校時代、大学時代のボクは就職して、東京でバリバリ働くのが野望でした。

今となっては、地元が好きで、東京は人が多すぎて、大嫌いですけど。

10年前くらいは情報が東京ばかりに集まっていました。

それに、就職活動をするうえでも、東京に住んでいると面接や説明会のブッキングが出来るし。

東京の人間が羨ましくて、羨ましくて、仕方なかったです。

今の野望は、海外で自由気ままに生活する、ですかね?

怠惰すぎて、自宅で引きこもりで、三十路過ぎても、実家に寄生してるわけですけども。



実際はカナダから一時帰国中で、先月下旬には日本をたつ予定だったんですけどね。。。

向こうのミスで再発行申請したビザが全く届かないので、自宅待機中です。

一時帰国というと聞こえはいいですが、働きつつも遊びまくっていたし。

今度はイギリスに2年間滞在できるビザなので、2年間くらい働きながら遊んでくるだけです。

正直、久々に帰ってきた日本に色々幻滅しているし、このまま国外逃亡しようかと。

 

 

どんないい本を読んだところで、それを実践しないと意味がない。

はあちゅう(@ha_chu)さんは運がよかっただけで、自分には無理だと本気で思ってた。

いまだに彼女のようにはなれないと思う。

でも、彼女のようになれなかったとしても、自分が好きなように生きている今に満足している。

みんな夢を諦めて、やりたくもない仕事をしているし、それを捨てる覚悟もない。

別に、それを捨てないとダメですとはボクは思わない。

ボクは色んなことが重なって、自暴自棄になって、仕事辞めて、海外に行ったわけだし。

当時はマジで不安だったし、今も不安で仕方がないんだけれど。

 

 

とりあえず生きてるし、どうにかなってるし、元気だ。

ん?

何の話かって?

本を読んだら、選択肢が増えるってことです。

たぶん。。。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。