なぜ事前に知りたがるのか分からない

日本で働きながら、たまの休みに旅行に行くとしたら、事前に調べます。

短い時間の中で、いかに多くの場所を手順よく回れるかが勝負になるからです。

また場所によってはバスや電車の本数が少ないこともあるので、入念に調べます。

でも、たとえば長期間にわたって、どこかに滞在するとしたら、事前に誰かに聞きません。

あ、ワーキングホリデーでの話です。

ワーキングホリデーでも、多くの日本人は1か所にとどまり続けることが多いです。

カナダであれば大都市であるトロントかバンクーバー。

ボクが最初に働き始めたキャンモアというカナディアンロッキーの田舎町でもそうです。

カナダに来る前にニュージーランドにいたという彼女はキャンモアを勧められて、やってきたとか。

その彼女もキャンモアで1年間働いていました。

ボクには真似できないなーと……日本では実家に30年間も住んでいたというのに(笑)



ワーキングホリデーで4都市で働く人は珍しいらしい

あ、別に誰かに確認したわけじゃないですよ?

ただ、みんなコミュニティをつくってしまうと仕事を辞めづらくなるみたいです。

その点、ボクは周りと仲良くなるのが苦手だし、あまり人付き合いもよくないですから。

辞めやすかった、というと嘘になりますし、移動するたび多少のストレスは感じました。

心地よい環境で、特に問題もなく過ごしているのに、全然知らない場所に行くんですからね。

不安がないわけじゃないし、差別されたらどうしようとかも思うわけです。

英語が完璧に理解できるわけでもないし、社交的なわけでもないし。

それでも行きたいと思ったから、行くんです。

ワーキングに力を入れながらも、ホリデー(空き時間の観光)を楽しみたいがために。

色々回っているから、カナダに来たばかりの人に相談を受ける

特に海外生活に慣れているわけでもなく、段取りがいいわけでもないです。

ただカナダにワーキングホリデーで来た日本人からは相談を受けやすかったです。

特にワーキングホリデー後半には、カナディアンロッキーで働きたい数名から相談を受けました。

そこで何をすればいいのか?

どうやって仕事を見つければいいのか?

英語環境で働くにはどうしたらいいのか?

カナディアンロッキーで一番有名な都市はバンフです。

でも、ボクが住んでいたのはキャンモアです。

ボクがバンフに行ったのは3回で、ただ歩き回ったり、山を登ったりしたくらいです。

だから、僕の持っている情報はほとんどないけど、一応、話しました。

みんな「ありがとうございました」と丁寧に言って、バンフへ旅立っていきました。



でも、ボクからすると自分が行く場所のことを事前に知ろうとする意味が分かりません。

せっかく1年間、知らないところに住むのだったら自分で全部知りたい。

自分の家から、自分の好きな雑貨屋さんもパン屋さんも。

お気に入りの場所を歩いたり、バスに乗ったり、探していけばいいと思う。

現地に住んでいる人に聞いたほうが詳しいだろうし、仲良くなれるだろうに。

日本に来た時から大嫌いだった日本人同士のなれ合いってのをカナダでも体感すると思わなかった。

 

まぁ色んな人間がいるし、情報交換するのも大切かもしれないよね。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。