ずいぶん更新をさぼっていました。

それだけでなく、1か月前に帰国してからは色々と人生をさぼっています。

とりあえず忘れる前に、というか間もなくイギリスにワーホリで行くので、その前にまとめておきます。

まずは前置きとして……

ワーホリに行こうと思った理由と結果

ボクがワーホリに行こうと思った理由を3つ挙げます。

  1. 今までなんとなく生きてきたので、痛い目に遭いたかった
  2. 元々自然が好きなので、自然いっぱいの場所で暮らしたかった
  3. 正直、日本の働き方や今後に不安を感じていた

端的にまとめると、こんな感じです。

そんで、結果としてはこんな感じ。

  1. もちろん日本にいるときよりも用心していたけれど、いい人ばかりだった
  2. カナディアンロッキー、スキーリゾート地など自然を満喫できた
  3. 正社員じゃない働き方がメインの国なので、短期のバイトでお気が楽。

まぁ1年という短い期間で、カナダでの責任は税金を納めるくらいしか背負ってないから、詳しくは分からないけど。

ただ日本人で移住してる人も多くて、同じ時期にワーホリで来てた20代の子たちも移住しようとしている子が多かったです。

P1040606

カナダワーホリで得られたもの

……むしろワーホリで何を得たかったのか?

これが不明確のまま、仕事辞める⇒ワーホリ30歳までだし、この機会に行ってしまおう!

という軽い感じで、カナダに行ってきました(笑)

しかも、これが初海外だってんだから、周りからは度胸があるねーと言われまくりました。

度胸があるというよりも、ただのアホで無鉄砲な小心者なだけなんですけどね。

 

1年間もカナダにいると、何も得られないというほうが無理なことで、と無難なことを書いてしまいます。

でも、すべての経験を活かすも殺すも自分次第だし、それがどこで活きてくるのかも今は分かりません。

ただ、この1年で自分のことを自分で決めて、自分の好きなところで働きながら生きることはできました。

今まで実家暮らしだったし、仕事も残業ばかりで、30歳にもなって自分で決めたことがほとんどない甘ちゃんでした。

普通の人からすれば、もっと前に経験していて当たり前のことを今更ながら、海外で経験するというバカです。

今までは自分で服を買おうとしたら「そんなセンスのない服」と親から怒られる三十路でした。

だから本当に自由で周りの目も気にせずに、一人で好き勝手に歩き回る生活が最高でした。

海外だと一人で夜に歩き回ると危ないと言われますが、ボクの場合は大丈夫でした。

カナダは治安もいいし、田舎に行くと誰もいないので、野生動物に注意しないといけませんが……安全!

 

ということで、痛い目に遭いに行ったのに、痛い目に遭うことはありませんでした。

そして、英語が話せるようになったわけでもなく、優しい人たちによくしてもらう最高の生活でした。

日本人にも結構会いましたが、面白い経歴の人が多くて、楽しかったです。

ボクは日本人を避けていたにも関わらず日本人に会ったので、英語が話せなくても死ぬことないと思います。

 

とりあえず、こんな感じです。

また時間が経ったら、カナダの良さっていうのが身に沁みて分かってくるんだろうなと。

次はイギリスへ良い出会いを求めていくぞー……ちょっとトラブってるけど(´・ω・`)

 



カテゴリー: ブログ論

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。