乃木坂46の2期生で、最初に気になったのは北野日奈子さんでした。

こういうことを言うのは、おこがましいですが、昔の自分と同じものを感じたから。

「いつでも明るくて、笑っている」

というのが、北野日奈子さんのイメージだと思います。

 

 

しかし、以前、『のぎ天』という番組で仲良しの齋藤飛鳥さんから暴露された話。

それが北野さんの優しさから生まれたキャラクターだということ。

自分が暗い表情をしていてはいけないと感じてしまい、明るく振る舞う癖がついている。

ボクはそんな印象を北野さんに持ちました。

 

 

アイドルという存在は、ファンや周りに夢や希望を与えなくてはいけない。

そんな定義が、いつの間にかアイドルには付きまとっている気がします。

そのために、キャラクターをつくることをボクは肯定的にとらえています。

ファンの方の中には、偽善だとか、騙されていると感じる人もいるかもしれませんけど。

特に乃木坂46さんという大人数のグループの中で抜きんでるためには、必要なことだと思います。

でも、それが彼女たちを苦しめるのであれば、ボクはそれを望まない。

 

 

それに加えて、先日アンダーで一緒に頑張って来たメンバーの中元日芽香さんが卒業しました。

また、選抜とアンダーを行ったり来たりしていた伊藤万理華さんも近々卒業されます。

先程の『のぎ天』という番組内で、メンバーのことが好きすぎるとも言われていた北野さん。

メンバーが卒業していくことに、誰よりも心を痛めてしまってるんじゃないかと。

 

 

特に、ひめたんこと中元日芽香さんとは、アンダー曲でWセンターを2回、一緒に務めています。

13枚目シングル『今、話したい誰かがいる』のアンダー曲『嫉妬の権利』

18枚目シングル『逃げ水』のアンダー曲『アンダー』

ちなみに、13枚目シングルには北野さん中元さんを含む5人でのユニット曲『大人への近道』も収録されてます。

個人的に、5人とも好きなメンバーなので(特に中田さん推しなので)乃木坂46さんの曲の中でも好きな曲です。

 

 

18枚目シングルのアンダー曲『アンダー』はタイトル通りアンダーメンバーの気持ちを歌った曲になっています。

選抜に選ばれないアンダーという存在の苦しみがよく分かる歌詞だなと、最初は思いました。

でも正直、それは作詞を担当してる秋元康さんのエゴというか、押しつけではないかとも感じます。

特に、この歌詞。

 

影は可能性

悩んだ日々もあったけど

この場所を誇りに思う

 

グループに所属している限り、彼女たちは選抜に入ることを目標としているはずです。

それなのに、この歌詞はアンダーはアンダーで満足してくれと言っているんじゃないかと、ボクは感じました。

1期生はとりあえず全員、選抜を経験していますが、2期生は1度も選抜に入ったことのない子が何人もいます。

そんな中で、3期生が加入してきて、3期生だけで活動することも多いのも確か。

2期生は期待されてないんじゃないかという声も、ちらほら上がることもあります。

 

 

『アンダー』のMVを見ても、なんとなくアンダーが大切にされてないんじゃないかと感じました。

序盤は過去のアンダーメンバーが映るのですが、彼女たちは現在の選抜常連メンバー。

衛藤美彩さん、齋藤飛鳥さん、伊藤万理華さん、井上小百合さん、堀未央奈さんなど。

また、現在のアンダーメンバーの中でも、何度か選抜入りしたメンバーがよく映っていました。

北野日奈子さん、斉藤優里さん、中田花奈さん、中元日芽香さん、樋口日奈さんなど。

 

 

北野さんも選抜に何度か選ばれているので、よく映っていたと思います。

ただ曲を通して、歌詞が重すぎるとボクは感じました。

先日、九州で行われたアンダーライブでも、歌うのが辛いと言っているメンバーもいましたし。

北野さんは優しいから、そういうのを全部感じてしまって、苦しみを感じているのかな。

 

 

ボクは北野さんに元気になって戻ってきてほしいと願っています。

もちろんボクなんかより北野さん推しの方は、強く願っていると思います。

でも、それは元気で明るくて、いつも笑っている北野さんを期待してるのとは違います。

北野さんが自然体でいることをボクたちは願っています。

アイドルだから、完全に自然体というのは難しいとは思いますけど。

 

 

これが北野さんに届くかな。

届けばいいな。

北野さんが自然に笑える場所を、ボクたちは守りたいし、戻ってくるのを待ちたい。

それが変にプレッシャーにならなければいいんだけど。

待っているということが、彼女へのプレッシャーではなくて、喜びになればいいな。

 

 

ちなみに最新シングルである『いつかできるから今日できる』では、選抜メンバーに選ばれています。

乃木坂46さんが舞台、映画で演じられた『あさひなぐ』の舞台の方に出演されてましたしね。

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。