気まぐれに橋を渡るなんて、日本じゃ絶対にやらないよなぁ。

せっかくバンフまで来たんだから満喫しないと!

真面目で強欲なボクが心の中で叫んでいたから、ボクは足の向くまま橋を渡った。

それだけだった。

 

 

 

その建物を見た瞬間、ボクは思わず息をのんでいた。

今日一日で、どれだけ息をのんだだろう。

今まで生きてきて、どれだけ息をのんだことがあっただろう。

ボクの感動という感情は、今日一日で、日本にいた時の感情を超えたんじゃないだろうか。

 

 

まるで異国情緒あふれる洋館。

……カナダは異国ですね、ということはカナダスタイルの洋館ってことかしら?

 

 

カスケードオブタイムガーデン……時の庭?

ふと『不思議の国のアリス』を思い出していた。

ちなみに、カスケードというのは滝とか層状のものを指す英語です、確か。

 

 

 

近づいていくにつれ、ボクのテンションは少しずつ上がっていた。

そして、カナダに来てからいつも思っていることなんですが、花が綺麗。

既にかなり寒い気候になっているのに、色とりどりの花が咲いていて、驚きます。

しかも、日本でも見かけたことがあるような花々。

日本だと、これだけ寒いと咲いてないだろうなと思うんですが、品種改良されてるのか、耐性があるのか。

 

 

洋館まで歩いて行って、振り返ったら信じられない光景が広がっていた。

色とりどりの花々と、先程ボクが渡ってきた橋と、それから遠くに見える冠雪した山。

これこそ絵葉書に出来る写真じゃないだろうか。

 

 

流石に洋館の中に入ることはできなかったので、裏まで回ってやりましたよ!

何のために建てられた建物なのか……ボクがもっと英語が出来たら、分かったんだろうけどな。

悔しい思いをばねに、英語の勉強をしようと決意しつつも、日本語ばかり使っている次第です。

 

 

 

 

 

 

 

最後、門の前の花々に別れを告げて、ボクはダウンタウンに戻ったのであった。

 

 

 

 

 

ちなみに、実は洋館の後ろに回ったときに、もっと素敵な庭を見つけて写真を撮りまくったのですが、それはまた後日。

レイクルイーズ含めて、バンフを1日観光しただけで、7記事も書いてる……旅行って、すごいですね。

 

ということで、綺麗な庭の写真は次の機会まで、お待ちください。

乞うご期待!

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。