ワーホリに来て、1か月半。

バンクーバーから、山奥(キャンモア)に移動し、仕事をしてます。

ハウスキーパーなので、仕事がある日は疲れて、終わりなのですが

休みをもらえると、なんだか時間を無駄にしている気持ちになる今日この頃。

 

プロのぼっち宣言してないで、ちゃんと友達をつくりたいね。

マジで、このまま引きこもっていると、日本にいるときと変わらない。

気休めにテレビで映画やドラマを見て、英語を聞く環境をつくっている状態です。

 

ワーホリに来たことを後悔しているけど、ここから挽回していきたい!

 

結論を先に言うと、エージェントを使うべき最大の理由。

 

精神的苦痛を感じた時に、相談できる相手がいる安心感

 

特に、初海外、1人で海外に来た人にはマジで大切な存在になります。

もちろん日本の家族、友人、現地での友人になった日本人などなど相談できる相手はいます。

でも、日本人の性格として、意気揚々と日本を飛び出してきたのに、家族に心配はかけられない。

ボクなんかは家族に辛いなんて言っちゃうと「帰っておいで」と言われるのは目に見えてます。

だから、親にも相談できないし、1人で不安を抱えることも多くて、辛い(´・ω・`)

そんなとき、エージェントの担当者に、ちょっと相談するだけで気持ちが楽になるかも?

 

自分の安心感、心の安息を買うためにも、エージェントは使うべき。

海外に来たことがある人でも、人生は不測の事態が起きることが多々あるので、オススメ。

 

 

 

 

他にも理由はありますよ。

 

ワーホリ経験者が大半なので、気持ちを分かってもらえる

 

ワーホリ経験者の大半がエージェント勤務する気がします。

英語を活かす仕事がしたいけど、ワーホリの英語力じゃ難しい場合が多いですからね。

ボクらの親世代だと、真面目に休みを取らずに働くというのがデフォルトです。

だから、海外で困ったことを話したところで、なかなか分かってもらえない。

「辛いなら、帰ってきなさい」

「無理しなくていいかな、日本に戻ってきなさい」

と言われるのが、関の山です。

 

正直、こういう言葉をかけてくれる人がいることは、とても助かります。

それでも、その言葉を簡単には受け入れられない。

そんなとき、現地での経験がある人のアドバイスが確実に役に立つんです。

情報は少し古いとしても「私がいた頃は……」「私の場合は……」と話してくれる。

もちろん自分で解決していくのは、大切なプロセスです。

それこそワーホリの醍醐味だと感じる方もいるかもしれません。

ただマジで不安な時に、自分で解決しようとして、失敗したら、悲しみに暮れてしまう。

 

 

すみません、30歳にしてボクはまだまだ精神年齢が中学生のままなので、頼るところがないと不安で。。。

だから、普通のワーホリさんからすると、こいつ甘えてるなと思われるかもしれません

それでも、安心はお金を払ってでも買っておいた方がいいと、ボクは感じています。

 

 

みなさんワーホリに来てみませんか?

カナダはいいところですよ。

 

まぁ寂しがり屋で、ホームシック気味のアラサーではありますが、楽しんでいます。

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。