カナダといえば、セクシャルマイノリティにとても寛容な場所として知られています。

特に、トロントは世界一LGBTQsに優しい街として、有名です。

 

日本人はゲイとか、レズとか、同性愛者なんて言葉を差別用語として使うことが多い。

でも、結局、目の前にいるのは1人の人間でしかない。

1人の人間が、誰かを好きだということの何が問題なのか。

その気持ちを誰かに押し付けることが問題なんじゃないか。

例えば異性愛者が異性を好きになるのと同じように、同性を好きになるだけのことで。

ボクたちは何を批判できるというのか。

 

ボクも正直、完全なる異性愛者じゃないというのもあるんですけど。

というか、学生時代、結構、同性の友達を好きだという相談を受けていたので、気にしたことがありません。

むしろ誰かを好きなことを、表に出せない彼女たちが、ボクに相談してくれたことが嬉しかったので。

ということで、セクシャルマイノリティに対して批判的な方には、この記事はオススメできません、

あしからず。

ボクへの批判は受け止める振りをして、受け流します。

面倒なことを、ボクは無視するようにしているので。

 

 

 

 

可愛いお姉さんたちが、楽しそうに笑っているだけで、ボクは幸せです。

みんな楽しそうなんだもん、それを批判する権利は誰にもないはず。

 

 

 

日本では、女装という言葉を悪い意味でしか使わないけれど、自己表現の一つなんだから、問題ないでしょう。

こちらではたぶんドラァグクイーンと呼ばれる方。

ただただオシャレだとしか思わないけどなぁ……。

 

 

 

ちなみに、このパレードはゲイのお祭りみたいに思われるけど、違います。

セクシャルマイノリティの方もいれば、その方たちの味方(アライと呼ばれる方)もいらっしゃいます。

 

 

 

パレード自体は、カナダの企業の人がそれぞれ(宣伝もかねて)パレードに参加している感じでした。

こちらに来て、まだ日が浅いので、何の会社か分からないのですが、世界的な企業さんもちらほら。

 

 

 

 

風船を背負って、すごくカラフルな団体もいました。

日本と違って、色んな人がいるのが、印象的。

 

 

 

 

 

プライドパレードのイメージカラー(?)であるレインボーカラーが素敵だなと思います。

十人十色、みんな違ってみんないい、日本人だって知っているはずの感覚。

カナダに来て、本当に色んな人がいるな、たくさんの人がいるなと、毎日のように感じます。

 

 

 

 

 

 

人口は東京に比べて少ないけれど、本当にたくさんの人がいます。

ボクは英語を勉強しているけれど、その学校にも日本人、韓国人、中国人、台湾人、アジアだけでもこんなに。

それから、メキシコ人、ブラジル人、チリ人、ベネズエラ人、サウジアラビア人、コロンビア人。

街を歩いていても、聞こえるのは英語だけじゃなく、様々な言語が耳に入ってきます。

 

 

日本人は、もっと寛容になった方がいいと思う。

他の国の人たちと、カナダで共に過ごしながら、そんなことを思っています。

 

 

ここはもしかしたら、みんなが生きやすい場所かもしれない。

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。