うちはWOWOWに加入しているので、映画はテレビで見る生活です。

社会経済的には、あまりよろしくないかもしれないけど、仕方ない。

元々は海外ドラマを見るために、加入しているので、映画はオマケみたいなもの。

 

ドラマ、映画、スポーツ全部、楽しめるので、コスパは最強だと思います。

 

 

一応、宣伝だけしておきますので、気になる方はどうぞ。

今回の本題は、WOWOWさんではないので、軽くすっ飛ばします。

 

 

WOWOWさんでやっていたので、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』観ました。

めっちゃ女の子が好きそうな話。

ブルーレイも出てるので、気になる方は、どうぞ。

 

 

ちなみに、ボクは、こういう類の話が大嫌いです。

冴えない女の子が、イケメンと出会って、ハッピーエンドになる話。

少女漫画によくありがちな、夢見がちな話。

 

 

では、そんなボクが

なぜ、この映画を見ることに決めたのか?

 

 

 

答えは非常に簡単で

原作がめちゃくちゃ面白かったから。

 

原作は、映画化された『図書館戦争』やドラマ化された『空飛ぶ広報室』で有名な有川浩さん。

阪急電車 』のときから、好きな作家さんだったので、『植物図鑑』も迷わず手に取りました。

装丁もボクの好きな感じ。(イラストはカスヤ ナガトさんが描いていらっしゃいます)

 

 

ネタバレになってしまいますが、原作では最初にヘクソカズラという雑草が出てきます。

そこから、ヒロインが主人公、樹(いつき)との出会いを回想する形で話は進んでいきます。

 

この話の何が恋愛小説が面白いかと言いますと

誰も普段は気にも留めない”雑草”と呼ばれる類の植物で、料理をしていくこと

というと、貧乏人の節約術講座みたいに聞こえてしまうかもしれません。

 

 

 

 

でも、そこから少しずつ恋愛に発展していくのが、ボクは好きだと感じました。

30歳になっても、まだまだ中学生みたいな恋愛が理想だから。

10代のような甘酸っぱい恋と、美味しい野草を知りたいなら、オススメです。

 

 

ちなみに、甘酸っぱい恋が好きな方には、有川浩さんの『クジラの彼』がオススメです。

 

 

 

夏に向けて、軽めの課題図書いかがでしょうか。

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。