元々ネコのマンガが好きで、ねこまきさんのマンガにハマってます。

 

……最新刊が出るみたいです、7月に。

楽しみに待ってよう(*’ω’*)

ネコ、イヌ、ハト、カメという多彩な動物たちが出てくる作品です。

 

 

7巻までは読んだので、ねこまきさんの他の本を読んでみたいなと思い、今回は!!

こちらの一冊。

 

 

結局、人間の理想って、そういうことなんだな!と思う一冊に出会いました。

人間って結局、美味いメシと、大切なものがあれば生きていけますよね。

むしろ、それを得るためだけに働いている。

幸せになるために、やりたくなくて嫌いで辛い仕事をしている。

 

 

以前、紹介した本(『はじめて好きになった花』)の中に

「幸福とは、幸福を問題にしない時をいう」

という言葉が出てきたんですが

この『ねことじいちゃん』を読んで、これが幸福の極みだなと思いました。

 

 

 

選択肢が多ければ多いほど、人生は楽しくなるというけれど

選択肢が増えたことで、ボクたちは生き方を模索して、絶望することも多い。

それなら、結局、昔のように結婚して、農業して、田舎で自給自足生活を送る。

そんな生活のほうが幸せなんじゃないかなと感じることもある。

 

 

 

お金をたくさん稼ぐよりも、細々と自分の幸せを大切にして生きていくこと。

それを追求したら、欲しいものがすぐ手に入る便利さもないけど。

ボクはそういう人生が……歩みたいのかな?

 

 

 

安定を求めるには、まだ早い気がする。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。