大手企業のエリート様には難しいかもしれませんが

零細企業で、同期が多くないとか

同じ部署、同じ上司に付く同期が数名程度で

上司との距離も比較的、近くて

誰かが自分を見てくれているという感覚がある会社なら

 

というと結構、限られてきたのかな?

 

この人数が多いのか、少ないのかは分からないけれど

普通の中小企業で、新人研修が長くあるような部署じゃない限り

結構、あてはまるんじゃないかと思います。

ボクは地方零細に2年半いましたが

派遣から入社したこともあり、1日目から実地研修(CADですがw)

3日目から、実務(図面修正、書類作成など)を経験する感じでした。

 

 

 

これはこれで、たぶん珍しいタイプ(笑)

 

 

ということで、その当時、読んでいたんですが

また無職という立場になって、改めて読んでみた、この一冊を

新入社員の中でも、意欲的な方には読んでほしいなと思います。

意識高い系(笑)とか言われても

5年後、10年後には、そいつらを見返すくらいの実力をつけれるだろうし

大差なかったはずの同期よりも、評価が上がれば年収も上がります。

ボクは、この本に書いてあることを実践したこともあって

入社1年目から2年目にかけて、年収が50万アップしました。

 

 

残業も増えたんですが、基本給が1年で2万くらい増えました。

もちろん税金も増えたのですが、手取りも増えました。

という意味不明な自慢話を織り込みながら、読んでほしい一冊を紹介。

 

 

 

このシリーズでは、他にも家入一真さんや、はあちゅうさんの本も出ていて

結構、面白いので、それも読んでみてもいいかもしれない。

 

 

会社に就職して、新人研修で、定時上がりで

暇だ、これで給料もらえるなんて天国か ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

なんて思えるのは今のうちで

その間に、しっかり勉強するか否かって、結構、大事だと思う。

 

業務に関する勉強は、給料もらいながら勉強できるけど

社会人として、どういう風に考えていけばいいかとかってのは

自分で、お金出して、本でも読んだ方がいいよって話です。

 

 

ちなみに最近はkindle unlimitedで面白そうな作品を見つけて、サクサク読んでます。

初月は無料なので、とりあえず1か月サクサク読んで、飽きたら、やめてもいいわけで。

暇なら、飲み会するものいいけど、興味ある本を読んで

今のうちに、知識の貯金でもしておいたほうがいいよという無職からの話。

 

 

じゃないと、無職になるよーという話では……ないはず?

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。