このまま恋愛というものを知らずに死んでいくのかもしれない。

29歳の春。

人生を憂うのはまだ早いかもしれないし、もう遅いのかもしれない。

 

 

今日から始まるドラマ『あなたのことはそれほど』のCMで

「2番目に好きな人と結婚しました」

という言葉を聞いて、

「1番とか、2番とか、決めれるなんて、すごいよね」

と言ったのが、昨晩のハイライト。

……ハイライト?

ちっちゃいことは気にしない、それワカチコワカチコ(古い

 

 

1番好きと云う感覚をボクは感じたことがなくて

今はアイドルの欅坂46さんが好きで

その中でも、尾関梨香ちゃんを一応、推しているけれど

基本的には箱推しで、活動休止した今泉佑唯ちゃんも心配だし

Twitterで他のメンバーについても書いているし

番組を見ていて、気になるメンバーはいつも違うし

ブログも基本的に漢字、ひらがな全部チェックしている。

という、どうでもいい情報を載せておいて、と。

 

 

恋愛に疎い人間が、恋愛小説を読むと、どうなるのか?

ということで、話題になってから、ずーっと気になっていた江國香織さんの

泳ぐのに、安全でも適切でもありません

タイトルに魅かれていたけど、内容が大人の女性の恋模様みたいな感じなので

手をつけないまま、かれこれ10年近く経った気がします。

アラサーだし、そろそろ時期は来た!

と思って、読み進めてみたのですが、恋愛偏差値が低すぎて

何もかも理解できませんでした、残念(´・ω・`)

 

 

 

いつになったら、この内容が理解できるのか?

 

いつになったら、大人になれるのかなぁ……子どもでもないんだけど。

子どもじゃないんだけど、大人になれてない感覚。

 

 

江國香織さんの小説は、ボクにはまだ早いのかもしれません。

エッセイは好きなんだけど。

雑誌の『Ku:nel (クウネル)』さんで連載されてる妹さんとの往復書簡が好きで

図書館に行って、見かけたら、絶対に読んでいるんだけど。

往復書簡だから手書きなんだけど。

江國香織さんの字も好きなんだけど。

 

 

 

そうだ、恋愛小説以外を読めばいいのだ!

 

 

そんな当たり前のことに気づいたので、江國香織さんの他の作品を読みます。

 

恋愛小説は分からないけど、表現の仕方とか、世界観はとても素敵でした。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。